Rooted・BLアンロック手順

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■ワンクリックrooted手順。
Xperia 2011 Easy Rooting Toolkit [v4.0]
  • USBデバッグにチェック
  • USBでPCに繋ぐ
  • 解凍したフォルダ内のrunme.batを実行
  • 2回Enter
再起動で完了。

■Bootloader unlock+Sim unlock
充電が50%以上の十分な状態でRayの電源を切り、バッテリーを抜いておく。
必要なバックアップがあるならとっておく。発行元不明のアプリとデバックにチェックは
いれとく。WifiはOff推奨。

1. Omnius for SEをインストール。 Omnius for SE
2. http://omnius-server.com/resellers この辺のどっかからライセンス購入。
3. Omnius for SEを開きSeverタブのSever Settingsで2.で買ったライセンスのUsernameと
Passwardを入れる。(メールとかで来るはず)
4. ActionsタブでPhone TypeをXperia Rayにし、ActionsのUnlockをクリック、Unlock network
lock by cerficate replacementを選択してOKクリック。
Output Folderも任意の場所でOKクリック。
5. Rayのtestpoint( >>294 参照)とSIMカード指す場所の金属カバーをクリップで繋いで
電源ボタンを一瞬押してからPCと接続。この際、ドライバがない場合
(もしくはQHSUSB_DLOADで認識されたら)は C:\Program Files\Omnius for SE\Drivers\ にある)

6. Unlockが完了したらOmnius for SEをを閉じて、Volボタン上押しながら
USBケーブル繋ぎ、LED青に光るFastBootmode起動。
(コマンドプロンプトでfastboot.exe -i 0x0fce getvar versionで確認できる)
認識しなければドライバは http://unlockbootloader.sonyericsson.com/instructions
unlockbootloader.sonyericsson.com/downloadinf.zip をダウンロード解凍し
Android SDKのフォルダ内のandroid-sdk\usb_driverフォルダに配置。なければ作る。
7. Adb deviceとして認識できたらXDAのBoot.img(http://forum.xda-developers.com/
showthread.php?p=17354279#post17354279)をC:\android-sdk-windows\toolsへコピペ。
そのフォルダをカレントフォルダとしてコマンドプロンプトを開き、そして
 fastboot flash boot boot.img
と入力しFlashする。終了後、USBを抜く。
8. 起動させてUSBをつないでSuperOneClickかFlashtoolでRootする。
 * イニシャライズでループしてadb shellが使えなかったのでSEUSで初期化して7.から
 やり直しました。WifiがOffだと問題ないのかも。
9. 再起動したら(再起動させたら)Superuserなどのアプリが入ってるか確認。
Rooted!



  • H -- (名無しさん) 2012-07-21 01:25:13
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る