※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
  ~第二章~


戦闘で泥だらけとなってしまった巫女装束を洗濯するため、
真紅と双子の姉妹は、夕闇が差し迫る頃になって最も近くの町に入っていた。
宿の浴場でのこと――


 「はぁ~♪ やっと、サッパリできたのだわぁ~」

肌や髪にこびり付いた泥を洗い流して、すっかり上機嫌の真紅は、
鼻歌を唄いながら湯船に身を浸していた。
そこへ、場の空気を読まない闖入者が一人。

 「し~んくっ♪」
 「うひぇぁ! す、す、翠星石。なな、何の用なの?」
 「何って、背中を流してやるです。ついでに髪も洗ってやるですよ」
 「け、結構なのだわ。そのくらい、一人で出来るもの」
 「そうですか? 遠慮しなくてもいいですのに」

――してないわよ!
そう言いかけて、真紅は口を噤んだ。翠星石とて、好意で言ってくれたのだ。
これから一緒に旅を続けなければならないのに、些末なことで仲違いしたくなかった。

 「その気持ちだけで、充分よ。それじゃあ、私は先に上がるわね」
 「解ったですぅ。次は私が入らせてもらうですよ」

真紅は「ごゆっくり」と返事をして、そそくさと更衣室に移動した。
そして、ふと自分の胸元に視線を下げ、重苦しい溜息を吐いた。

 「ま、負けたぁ……。翠星石って、意外に着痩せしてるのね」

退魔を生業としている真紅とて、年頃の女の子。おしゃれには気を遣うし、
異性の目……自分に魅力を感じてくれているかという点が気になり始めていた。
と同時に、同い年の娘の発育状況も――




その夜、真紅は寝床で身体に異変を覚えて、瞬時に眼を醒ました。

 (くっ! 一体…………どうして?)

夕食の膳に、毒キノコでも混じっていたのだろうか。全身が痺れている。
隣で眠っている翠星石と蒼星石に助けを求めようとしたが、
身体ばかりか舌まで痺れていて、満足に喋る事すら出来なかった。
それに、もしかしたら姉妹も、真紅と同じく麻痺しているかも知れない。


 かた……ん。

不意に、隅の天井板が外れて、夜闇の中を、なにかが滑り降りてきた。
それは真紅の身の丈ほどもある大蛇で、無数の鱗をぬらぬらと輝かせている。
畳に降り立つや、大蛇は真紅の見ている前で、人の姿へと変貌を遂げた。
眼鏡をかけた、一見すると鈍くさそうな印象の娘だ。
その娘は、帯に差した小太刀を引き抜いて、低く笑った。

 「うふふっ。当代随一と謳われる退魔師と、名うての賞金稼ぎの双子姉妹かぁ。
  どれほど愉しませてくれるのかと期待していたけれど……毒の前ではひ弱な娘なのねぇ。
  他愛なさすぎて、お姉ちゃんガッカリしちゃったわよぅ」

ふざけた口を利いてくれるじゃない。
あなたなんか、毒を盛らなければ正面切って戦う度胸もないくせに。
調子に乗るんじゃないわよ、このヘビ娘!
真紅は、思いの丈を視線に乗せて、深夜の襲撃者に叩き付けた。

真紅の眼差しがよほど癪に触ったらしく、蛇娘は眼鏡の奥で、冷淡な瞳を光らせた。

 「生意気ねえ。気に入らないわ、その目。殺す前に、抉り出しちゃおう」

蛇娘は音もなく枕元まで来ると、屈み込んで、真紅の瞼を指で無理矢理に開かせた。
そして嬲るように、ゆっくりと、小太刀の切っ先を近付けていく。
にへら……と、口元に冷酷な笑みが浮かぶ。
真紅は首を振って懸命に抗おうとしたが、実際には、殆ど振れていなかった。

皓々たる月の光を反射する切っ先が、ぶるぶると震えていた。
おそらくは無上の悦びと、嗜虐趣味による性的興奮に酔いしれているのだろう。
振動する切っ先から生じる微かな風すら感じるほど、真紅の瞳と切っ先の距離は縮まっていた。

 (い、嫌っ! も……もう、ダメぇ!)

殆ど諦めていた次の瞬間、蛇娘は「ぎゃあっ!」と叫んで、部屋の隅に飛び退いていた。
一体、どうしたと言うの?
目を見開いたままの真紅が見たのは、得物を手にした二つの人影だった。

 「まったくぅ、人が寝てる隙に、なにしてやがるですか」
 「ボクたちに毒は通用しないよ。キミは知らなかったみたいだね」
 「お、おのれ……油断したわ」

蛇娘は肩で息をしながら、憎々しげに姉妹を睨み付けていた。
が、すぐに他人を小馬鹿にするような光を瞳に湛えて、薄ら笑った。

 「何者だい、キミは。どうして、ボクらを狙うの?」
 「あたしは『鬼祖軍団』四天王が一人、のり。次は、必ず始末をしてやるんだから」

捨て台詞を吐いて、のりは大蛇に変身するや、夜闇へと姿を眩ませた。
翠星石が追おうとしたが、蒼星石が引き止める。

 「待って、姉さん。真紅の治療が先だよ」
 「っと……そうでしたね。じゃあ、即効性の解毒剤を――」

言って、彼女は腰に下げた革袋から、小さな紙包みを抜き出した。




それから、程なくして――
翠星石の解毒剤により、真紅の麻痺は瞬く間に収まっていった。

 「ありが……と。だいぶ……よくなったわ」
 「油断しすぎですぅ。ロクに警戒もせず、出された料理を完食するなんて、
  信じられねぇ愚か者です。性根が卑しいからです。とんだおバカですぅ!」
 「そ、そこまで言わなくても……」
 「まあまあ。姉さんも、そのくらいにしておきなよ」

苦笑混じりに翠星石を宥めると、蒼星石は真顔に戻って、先程の件について口を開いた。

 「鬼祖軍団……と言ってたね。穢れごときの軍団が、鬼の祖先とは笑わせるよ」
 「一体、どれほどの戦力を保有してやがるですかねぇ」
 「それは解らないけれど、奴らの狙いは、どうやら私のようね」

真紅の言葉に、翠星石と蒼星石も、こっくりと頷いた。
雑兵どもでは埒が開かないので、四天王が直々に、お出ましになったのだろう。
翠星石たちを襲ったのも、真紅への繋がりを見出そうとしたからかも知れない。

 「さっきの蛇娘も、真っ先に真紅を狙ってたです」
 「でも、四天王を差し向けるほど真紅を怖れる理由って、なんだろう?」
 「この神剣が……目障りなのかも知れないわ」

思いつきを口にしたものの、それが正解だとは言い難かった。
剣が怖いなら、それだけを奪ってしまえば話は済む。
真紅を付け狙う理由は、彼女に生きていられると厄介だからだ。

 「取り敢えず、今夜はボクと姉さんが交代で、寝ずの番をした方が良さそうだね」
 「同感です。真紅は鈍くさいトコあるから、心配で心配でしゃ~ねぇですぅ」
 「平気よ……過ちは、二度も繰り返さないのだわ」

今夜の一件は、全て自分の油断にあった。
もし二人が居てくれなかったら、今頃は……。
自分の身は、自分で守らねばならない。真紅は改めて、それを肝に銘じた。




翌朝、宿屋を出た三人は、揃って町の飯屋で朝食を食べていた。
今度は真紅も、少し口にしては、違和感が無いか確かめながら食事を進めている。

 「こういう食べ方だと、あまり美味しくないわね」
 「最初は、誰だって、そんなもんだよ」
 「訓練次第で、味が判るようになるですぅ」
 「ねえ……物は相談なのだけれど、あなた達のどちらかが、毒味をしてくれない?」
 「なんですとぉ? こいつ、虫が良すぎるです!」

ずびしっ……と真紅を指さし、御飯粒を飛び散らせて激昂する翠星石。
そんな彼女を宥めつつ、蒼星石はちゃっかりと、自分の食事を済ませていた。
こういう場面には、もう立ち会い慣れているのだろう。
蒼星石は食後の緑茶を啜りながら、子供のように啀み合う二人に声を掛けた。

 「とにかく、二人とも早く食べ終わってよ。この後、薬とか買いに行きたいし」

途端に、しゅん……と静まり返る翠星石。これでは、どっちが姉だか判らない。
真紅は苦笑しつつ、味噌汁を啜った。


食事を終えて、店の外に出ると、町は活況を呈していた。
行商の売り声、人のざわめき、雑踏……。
昨夜、鬼祖軍団の四天王が現れたとは思えないほど、活気に満ちている。
ここには穢れの放つ腐臭よりも、人々の生活臭の方が、濃く立ち込めていた。

 「薬を買うのだったわね。行商の薬売りは、どこに居るのかしら?」

後ろを歩く蒼星石に話しかけるため振り返った真紅は、
正面から歩いてきた通行人の男にぶつかられて、ふらふらとよろめいた。
直後、真紅は片手に喪失感を覚え、ぶつかって来た男を指差して叫んだ。

 「しまった! スリよ、その男っ!」
 「えっ? 何を盗られたの?」
 「け……剣を」
 「はぁ? そんな貴重品を、あっさり盗られるなですぅ!」

男は雑踏の中を、縫うように駆け抜けていく。
常習犯なのだろう。身のこなしが、場慣れしていた。

 「ここは、私に任せるですよっ」

敏捷性なら、忍びである翠星石の方が圧倒的に勝っている。
人混みの中でクナイは使えずとも、見る見るうちに距離を縮めていった。
そして、腕を伸ばせば肩を掴める距離まで接近したとき、
男は逃げ切れないと判断したのか、やおら振り返って剣を引き抜き、翠星石に斬り付けた。

 「ふん。甘いですぅ」

賞金稼ぎという職業柄、追い詰められた鼠が反撃してくることぐらい承知していた。
振り回すだけの斬撃を躱しつつ、翠星石は男の肩を狙って、クナイを投じた。
狙い違わず、クナイが男の肩に突き刺さる。
男は苦痛の呻き声を上げると、戦意を喪失して、再び走り始めた。

 「あっ! 待ちやがれですっ! 剣は置いてけですぅ!」

無論、言う事を聞く筈もなく、男は細い路地裏へと駆け込んだ。
その途端。


 「ぎゃあっ!」

鈍い衝撃音と絶叫を引いて、男の身体が路地裏から吹っ飛ばされてきた。
今まさに路地裏へ踏み込もうとしていた翠星石が、慌てて後方に飛び退く。
危うく、巻き添えを食らうところだった。

 「な、なにが……あ! それより、剣ですっ! あれは――」

吹っ飛ばされ、路上で気絶しているスリに目を遣ったが、男は剣を握っていなかった。
辺りを見回しても、転がっていない。路地裏に落ちているのだろうか?
翠星石はクナイを手に、路地裏に踏み込んだ。

 「ふふ……貰っちゃった貰っちゃったぁ♪」

そこに立っていたのは、朝風に銀髪を靡かせた、着流し姿の女性だった。
機嫌良く、歌うように呟きながら、スリから奪った神剣を惚れ惚れと眺めている。
翠星石は彼女を指差し、声高に怒鳴りつけた。

 「その剣を返すです! それは真紅の物ですぅ!」
 「はぁ?」

彼女の視線が、神剣から翠星石へと向けられる。
紅い瞳には、明らかな侮蔑と、不快感が込められていた。

 「うっさいわねぇ。なんなのぉ?」
 「だからっ! その剣を返しやがれと言ってるですっ!」
 「やぁよ。これを売ったら、纏まったお金になりそうだしぃ」

そこへ、真紅と蒼星石が追い付いてきた。

 「おやまぁ……団体さんのご登場ねぇ」

紅い瞳が、三人を矯めつ眇めつ、眺め回していく。

 「貴女たち、何者ぉ? さっきのコソ泥の仲間とは違うみたいだけどぉ?」
 「あんな奴の仲間にするなですっ」
 「悪いけど、その剣は力尽くでも返してもらうよ」
 「と言って……おとなしく返す人ではなさそうよ、蒼星石」
 「ふふ……解ってんじゃなぁい」

鼻で嘲笑うと、彼女は神剣を深々と地面に突き立て、自分の得物を手にした。
それは六尺六寸は有ろうかという、異様に長くて、厚身の太刀だった。
とても、こんな狭い路地裏で振り回すことなど出来ない武器だ。
にも拘わらず、彼女は余裕の笑みを浮かべて、真紅たちを見据えていた。

 「別々なんて面倒臭いからぁ、同時にかかっていらっしゃい」
 「随分、ナメた真似しやがるですね。なら、私が後悔させてやるです!」

言うが早いか、翠星石の腕が一閃した。
数本のクナイは全て、急所を目掛けて放たれたものだ。
銀髪の娘は、得物の切っ先を地面に着けたまま、柄だけを左右に動かした。
得物の胴で受け流されたクナイが、近所の家の壁に突き刺さる。
この程度? 小馬鹿にした様な娘の瞼が、驚愕で見開かれた。
散発的な攻撃と侮っていたが、それは蒼星石が突進する為の、陽動に過ぎなかったのだ。

 「……煉飛火」

蒼星石が剣同体型精霊を発動させると、刀身は紅蓮の炎を纏った。
斬るもの全てを焼き尽くす、煉獄の劫火。
その炎を振り翳すとき、蒼星石の心に慈悲の念は無い。

しかし、相対する銀髪の娘も、並外れた膂力で長い太刀を支えて、
ひた……と、蒼星石に切っ先を向けた。

 「冥鳴!」

ぴしぴしっ……ぴしっ! 太刀の刀身に、黒い稲妻が走る。
並の者なら一瞬で気を失うだろう破壊的な衝動が、周囲の空気を一変させた。
なにか、そこはかとなく危険な気配が漂い始める。
直感的に危機を悟った真紅は、脇目も振らず駆け出し、蒼星石に体当たりした。
そして太刀の直線上に身を晒し、発動型装甲精霊を起動する。

 「法理衣っ!」

赤い陽炎が真紅の身体を包むのと、太刀の切っ先から漆黒の塊が放たれたのは、
ほぼ同時だった。華奢な真紅の体躯を押し流そうと、漆黒の塊が牙を剥く。
なんと凄まじい衝撃だろうか。
少しでも気を緩めれば、弾き飛ばされるどころか、五体がバラバラに引き裂かれてしまう。
真紅は印を結ぶと、真言を唱え、気合いと共に両腕を衝き出した。

ぐぐっ……と、冥鳴が押し戻される。
銀髪の娘は、信じられないという風に、右の眉を吊り上げた。
直撃して吹き飛ばなかったばかりか、押し返してくる者が居るとは、
思ってもみなかったのだ。今まで、そんな人間に出会った経験は無かった。

 「あ、貴女…………何者なのよぉ」

動揺が声の震えとなって、彼女の唇から紡ぎ出された。
信じられない。こんな馬鹿な事が、あっていいの?

視界の隅を影が走る。鳥だろうか?
一瞥すると、屋根の上に陣取った翠星石が、今まさにクナイを投じようとしていた。
このまま一点に留まっているのは拙い。
銀髪の娘は、やむを得ず太刀同体型精霊を収納して、後方に飛び退いた。
だが、それで追撃が止む訳ではない。
後を追い掛けるように突進してきた真紅の拳が、彼女の頬を強打した。

一瞬、くらっ……と、意識が飛びそうになるのを堪えて、踏み止まる。
倒れてなるものか。まだ、負けじゃない。
鋭い眼差しで睨み返すと、真紅は丁度、地面に突き立てた神剣を引き抜いたところだった。


 「剣は、返してもらうのだわ。貴女も、潔く引き下がりなさい」

銀髪の娘は殴られた頬を手で押さえながら、小さく舌打ちした。
紅い双眸は、怒りに燃えている。

 「偉そうに……何様のつもりよぉ!」

憎々しげに吐き捨てる彼女に対して、真紅は穏やかな口調で応じた。

 「私の名は、真紅。ただの退魔師なのだわ」
 「真……紅ぅ? 退魔師ぃ?」

どこかで、聞いた憶えがあった。うら若い乙女ながら、その実力は当代随一だとか。
無論、有名人の名を騙る不届き者も多いが、目の前の娘は本人に間違いあるまい。
手合わせして、それだけは確信できた。怒りの感情が、急激に萎んでいく。

 「……参ったわぁ。そんな大物に、喧嘩ふっかけてたなんてねぇ」
 「どうでも良いことよ。剣さえ返してもらえればね」
 「と言って、もう取り返してるじゃないのよぉ」

殴られた頬をさすりながら、拗ねた子供ように唇を突き出す娘に、
真紅は「それもそうね」と微笑みかけた。

 「貴女、名前は?」
 「私は…………水銀燈」
 「そう、良い名前ね。ところで、貴女……私たちと旅に出るつもりは無い?」
 「――はぁ?」

いきなり、何を言い出すかと思えば……。
水銀燈は勿論のこと、翠星石と蒼星石も、真紅の申し出を聞き、耳を疑った。

 「ちょっと待つです! こいつは神剣を横取りしようとしたヤツですよ!」
 「安易に信用するものじゃないよ、真紅。ボクは反対だ」
 「でも……腕は立つわ。精霊を使役できるのも、大いに魅力的だし。
  戦力に乏しい私たちにとって、何よりの助けになる筈だわ」

それに、もしかしたら――この娘も、同志かも知れない。
正直に言えば、そうであって欲しかった。
穢れの者……鬼祖軍団の魔手は、確実に真紅たちの側まで伸びているのだ。
仮に同志でなかったとしても、残る五人の同志を捜す間だけは、
水銀燈に協力してもらいたかった。

しかし、当の水銀燈は、真紅たちの遣り取りを冷ややかな視線で眺めていた。

 「はんっ! ばっかじゃないのぉ? どぉして私が、貴女たちみたいな甘ちゃんと、
  一緒に旅をしなきゃなんないのよ。寝言は布団の中で、ほざきなさいよねぇ」
 「それは、こっちの台詞ですぅ! お前みたいな胡散臭いヤツ、仲間だなんて思えねぇです」
 「でも、私たちには――」
 「止めなよ、真紅。来る気のない者を、無理に誘っても仕方ないよ」

ぎすぎすした空気が、水銀燈と三人の間に漂う。
暫しの睨み合いの末に、水銀燈は鼻先でせせら笑った。

 「冗談じゃないわぁ。おままごとの仲間入りなんて、こっちからお断りよぉ。
  じゃあねぇ、お間抜けな退魔師さぁん。今度は貴重品を盗られるんじゃないわよ」

言い捨てると、水銀燈は得物を肩に担いで、真紅たちに背を向けた。
このまま、彼女を行かせてもいいの?
真紅は悩んだ。翠星石や、蒼星石の言い分は解る。
しかし、水銀燈ほどの手練れを、みすみす逃すのは惜しかった。

 (せめて……同志か、そうでないかだけでも――)

確かめようと一歩を踏み出した真紅の肩を、蒼星石が掴んで、引き留めた。
なぜ? その思いを表情いっぱいに表す真紅に、蒼星石は黙って、頚を横に振るだけだった。




――同じ頃、とある村で。

見窄らしい小屋の中、藁の筵を敷いただけの粗末な病床で、一人の娘が苦悶に喘いでいた。
胸が苦しい。息ができない。
誰一人、看病する者の居ない中で、娘は自らの胸を掻きむしった。

誰か……助けて!
私は、まだ生きているの。こんなに苦しみながら、まだ生き長らえているの。
お願いだから、この苦しみから、私を救い出してよ! 誰でも良いからっ!

日に日に増してゆく苦痛の中で、娘は幼馴染みの少女を思い浮かべる。
――水銀燈。あなたは今、どこに居るの? ずっと、私の側に居てくれたのに。

毎日、欠かすことなく、水銀燈は娘の看病に訪れていたのだ。
一ヶ月前までは。

必ず、めぐを治す方法を知る医者を見付けて、連れてくるから。死んじゃダメだからねぇ!
水銀燈は、そう言って村を出て行った。
以来、一度も……便りの一つも寄越さない。

ああ……きっと、私は見放されたんだ。
めぐの瞳から、苦痛によるものとは違う涙が零れ、藁の筵に染み込んでいった。
医者に見放され……。
両親に見放され……。
幼馴染みにも見放され……。

早く、死にたい。
心から、そう思った。

そんな彼女の枕元に、いつの間にか煌びやかに着飾った乙女が立っていた。
彼女の身体は透き通っていて、幽霊を思わせた。が、不思議と怖ろしくはない。
同性でも羨むほどの美貌が、恐怖心を払拭してしまうのだろう。
めぐは見惚れながら、この女性こそ天使に違いないと思った。

 「随分と、苦しそうね」

天使の様な美しさに相対して、乙女の声は、地の底から響いてくるかの様に冷たかった。
けれど、自分を見下ろす眼差しには、慈愛に似た感情が宿っている。
めぐの抱く一抹の不安を掻き消すように、乙女の声が響いた。

 「貴女は、憎くないの? 周りの人間は、みんな貴女を裏切ったのよ。
  親や、医者や、友人さえも、足手纏いの貴女を見限ったのに」
 「やめて! 私は、両親や水銀燈を憎んだりした事なんて無いわ!」
 「そう思いたいだけでしょう? 本当は気付いている筈よ。
  自分の中で燃え立つ、憎悪の黒い炎を」
 「そんなのっ! そん……なの……」

無い、とは言い切れなかった。めぐは確かに、憎んでいた。
こんな身体に産んだ両親を。
いつまでも苦しみを長らえさせる医者を。
そして、自分を裏切った全ての人々を。

 「心の闇に、感情を委ねなさい。そうすれば、わたしが貴女を楽にしてあげる」
 「……本当に? それが本当なら――」

苦しみから逃れる為ならば、なんだってする。
壊れた身体と、夢も希望もない未来なんかに、どんな未練が有ろうか。
めぐは微塵も躊躇わなかった。

そして……この日を境に、めぐはプッツリと消息を絶った。


  =第三章につづく