blog+anna/2005年11月19日/韓文研の成り立ち


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


韓文研の成り立ちや、今に至る流れを考える機会が多い。

でも、考えていると自ずと今目指すべきものが見えてくる。
私は、それに逆らう気は無い。
そうありたいと願って、入ってきたのだ。


カテゴリ: [日記] - &trackback- 2005年11月19日 00:41:11

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|