パーティ時の留意点

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【前衛】
・なにをおいても聖魔を守ること。特に聖が死ぬと全滅に繋がる。聖が狙われていたらとにかく一発当てる。
・動いている敵には攻撃が当てづらい。戦はアピール・修はイミットゲイザー・賊は各種ボムという遠距離があるのでこれを活用する。
・遠距離は間に障害物があると発動しない。この判定がけっこうキツイので、慣れないうちは注意が必要。
・前衛が死んだ場合、そいつを殴っていた敵が聖を狙う場合が多いので敵の動きをよく見て遠距離を当てること。
でも死人が出るほど敵が強い・多いのなら、逃げたほうがいいかもしれない。
・聖がラグったり回復が追いつかないこともあるので、自分が危ないと感じたら迷わず薬を使うこと。
・聖が60レベルになると範囲回復魔法を覚えるが、対象を中心に2マスしか届かないのでなるべく前衛同士固まること。
・命中率とダメージ量は正面攻撃<側面攻撃<背面攻撃なので、位置取りに注意する。

 前前
  敵
これだと正面と側面になるが、前衛一人が移動して

 前
  敵
   前
こういう風に敵を挟む形になれば正面と背面になって与ダメが上がる。
前衛三人で敵を叩くなら

 前 前
  敵
  前
こういう配置なら、敵がどっちを向いても一人は背面が取れる。
同様に複数の敵に殴られているときも少し移動すれば被ダメを抑えられることがある。

【聖職者】
・回復と補助担当。PTで一番重要な職。
・補助魔法は種類とステータスによって持続時間が異なるので注意。
補助魔法をかけるときは自分にもかけておくと、切れても即座にかけなおせる。
戦闘中も余裕があれば補助をかけなおせばその分楽になるが、敵の数が多いときは回復に専念したほうが無難。
同じPTに聖が複数いるときは、あらかじめ補助の分担を決めておくと良い。
・回復・補助は魔法を選択してから右下のグループウィンドウの名前をクリックすることでもかけることができる。こっちのほうが確実。
・一部の魔法以外は発動したあとに祈りのモーションがあるので硬直が長い。これはアタックでキャンセル可能。
ただしアタックキャンセルしたときに正面に敵がいたら当然攻撃が当たる。その結果こっちが狙われたりするので少し離れたところからやること。
・魔法も対象との間に障害物があると発動しないので充分注意。見た目は通るように見えてもダメだったりする。
・前衛が死んだ場合、そいつを殴っていた敵が聖を狙ってくる場合が多いので注意。
・ベストクレリックエイド(またはクレリックエイド)とロックスキンは、ずらして掛ける。両方一気に切れると場合によってはテラキツスwww
・騎士スペル「タクティクス」はアモリと重ならないので、Lv50以上騎士と組む時はアモリいらない。

【魔術師】
・PTでは補助担当で、攻撃はほとんどしない。というか属性付与をやっていれば充分。
特に前衛が殴っている敵に攻撃魔法を当てると、敵がこっちに向かってきて陣形が崩れるのでやらないこと。
・HPが低いせいでかなり脆いので、それ以外の敵にも迂闊に攻撃しないように。聖の負担が増える。
暇だったら確実に倒せる敵のみ魔法で倒す。
・なるべくSリカの届く範囲内に位置取りする。

【その他】
・狩り中にオナニーがしたくなったら...
恥ずかしがらずにPTメンバーにその旨を伝えましょう。
アスガルドは性処理に関して、他のネットゲームよりもオープンです。
オナニー中はキャラクターが無防備になるので、必ず「ちょっと落ちます」等一言言って落ちましょう。
事が済んで再びログインしたら、出来るだけ早めに「ただいま」等と発言して帰ってきた事をPTメンバーに伝え、PTに復帰させてもらいましょう。
慣れた人になると、ログアウトせずに右手でマウスとキーボード・左手でジョイスティックを操作しながら狩りが出来ます。
ちょっとしたコツと$$を掴めば誰にでも出来るテクニックです。
これに関しましては、また別の機会に書きたいと思います。
性欲を上手に処理して楽しいプレイをしたいものです。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|