人間の体内時計のこと


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1日は24時間ですが、体内時計は25時間だって知っていたでしょうか。これだと1時間ずつ差が出て来てしま居ますよね。何故1日24時間で暮らしていく事ができるのでしょうか。 眠気がくる時って、抹消神経が通常暮らし時より拡張されます。そして拡張した所に血液量が増え、体温を下げ、眠気を誘って居るのです。 時計ホルモンは身体全体に時間の情報を届けてくれるのですが、分泌から約14時間後に眠気が来る様に促してくれるのです。ですから、太陽の光を浴びてから14時間後に眠るという体内リズムができ、 1時間という差が消えてしまうという訳です。 手足が冷たいと抹消神経が縮まったままなので体温が下がらず、寝付きが悪く成ると云う 事に成ります。眠る時には足を温めて、身体を寝る準備にするのがオススメです。きっと快眠できるとおも居ますよ。この時お腹が空きすぎていたり、満腹すぎだったり、お酒を飲みすぎたりして居ると快眠を妨げてしま居ますので注意して頂戴。こうして快眠を促し、朝は同じ時間におきる様にする事で体内時計を1時間ずらすという体内リズムが出来てくるのです。あっ、朝ごはんは新陳代謝を良くするので食べた方がよろしいですよ。 めまい原因 朝起きて朝日を身体に浴びると視神経を通して松果体と云う 所に信号が伝わり、メラトニンという物質が分泌されます。これが時計ホルモンと呼ばれて居る物に成ります。 きもち良く快眠ができる為には体温調節をしっかりコントロールする必要が有ります。 結婚相談所ってどうなの