トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

知念 侑李 (ちねん ゆうり、1993年11月30日-)は、男性アイドルグループHey!Say!JUMP、NYCのメンバーである。静岡県浜松市出身、ジャニーズ事務所所属。堀越学園在学(2012年2月卒業見込み)



人物


キャラクター
  • 身長159cm、体重42kgという小柄な身体から繰り出されるダイナミックなアクロバットで人々を魅了する。
  • 血液型は2万人に1人と言われているAB型(RH-)で、利き手は全人口に対し約15%の左利きである。
  • 現在高校3年生であるが一人称は「僕」。ちなみに幼少期~小学6年生までの一人称は「侑李」。
  • 好きな食べ物はお母さんの作った餃子。嫌いな食べ物はナス。
  • 嵐、特に大野智の大ファンである。嵐のファンクラブにも入っている。会員証も初めのほうの会員番号を持っていてそれが自慢である。
  • 大野智に対する思いは、憧れの先輩でもあるがファンという気持ちのほうが大きい。幼少時代、ファンとして嵐のライブを見に行っていた経験から、どうされたらファンが喜ぶかなどファン目線を熟知しているため、ファンサービスの丁寧さが有名である。ファンの間では“ファンサマシーン”と呼ばれている。しかし、1人ひとりにじっくり丁寧にファンサービスをするため、歌いながらファンサービスするファンサ曲では他のメンバーがまんべんなく花道、外周を歩くなか、知念だけが外周の4分の1しか進まずにファンサ曲が終わってしまうことがある。狭く深くが彼のファンサービスの特徴である。
  • メンバー兼クラスメートの山田涼介によると、学校の成績も良いらしく学年5位を取ったことがある。高校1年生の通知表はオール5であった。
  • 幼少期にウサギに噛まれてから全ての動物が苦手になる。最近は徐々に克服しつつある。
  • カメラが苦手である。映画「NIN×NIN忍者ハットリくん THE MOVIE」に出演の際、フジテレビ系で放送された番組「NIN×NIN ケンイチ氏・知念侑李 400日の大冒険」で密着され続けたことがトラウマになっているのではないかと言われている。Hey!Say!JUMPのCDに必ず付いてくるPVメイキング映像では、事あるごとにカメラに近いづいて行く他メンバーに対し知念はあまりカメラに近づいて来ない。
  • テンションが上がると早口になり、ノンストップで喋りまくる。
  • 絵が下手である。字も汚い。
  • 大野が「オレ、知念くんが描く絵をずっと見ていたい。いろんな絵を描いてほしいよ。『あれ描いて』『これ描いて』って言いたい。ずっと笑っていられる気がする」
  • まばたきが人より多い。
  • 焼肉や餃子はタレを付けずにそのまま食べる。
  • 親父ギャグをよく言う。



夢は“ジャニーズ”、嵐に憧れた幼少時代
  • 1993年11月30日静岡県浜松市に生まれる。父親はバルセロナオリンピック男子体操銅メダリストの知念孝である。
  • “侑李”という名前の由来は、母親がアナウンサーの大沢悠里の名の響きを気に入った事、男の子でも女の子でもかわいい響きであることから名づけられた。漢字は女性の名前にもよく使われる「侑」と、中国の体操金メダリストの名に多いと考えた「李」から取ったものである。
  • ダンス教室の講師をしている母親の影響で3歳からジャズダンスを習い始める。
  • 当時流行っていた戦隊ヒーローの真似をして木とかすべり台に登ったり、主題歌のCDに合わせて歌ったりしていた。
  • ウサギに噛まれて動物が苦手になる。
  • 4歳の頃バック転ができるようになる。2歳離れた姉が体操を習いに行っていた教室で、真似をしていたら出来るようになった。
  • もともと母親と姉が櫻井翔のファンだったため一緒に応援していた。
  • 5歳の頃、嵐が結成され初めてコンサートに行く。そのときに見た大野智のダンスに感銘を受け“僕もあんな風に踊りたい”と思うようになる。気がつけば将来の夢は“ジャニーズ”と答えるようになっていた。幼稚園の卒業文集にも将来の夢は“ジャニーズ”と書いていた。
  • 嵐に憧れてコンサートに何回も行っていた小学生の頃をラジオでこう振り返っている。(一部省略)


知念「僕は小学校の時には嵐ファンで、まぁでもよく嵐のコンサート行ってましたよ!」
山田「今でも行くもんな」
知念「1列目とかになった時とか…」
山田「あぁ、1列目あるんだ!」
知念「大野くんと…」
山田「目合った?」
知念「握手した!」
山田「握手しちゃった(笑)。親子席?」
知念「親子席。僕は 事務所入ってからも普通に自分でチケット取って 嵐のコンサート行ってましたから」
山田「すっごいね」
知念「まぁ、バレますよね(笑)」
山田「そりゃそうだ(笑)」
知念「「あ、知念くんだ」っていう(笑)。僕、静岡県のとこに住んでたんだけど嵐のライブが…」
山田「やってたんだ!」
知念「あの"浜松アリーナ"ってところで…そこの時とか最高だったよね!超うれしかった!」
山田「家の近くにな~」
知念「 家の近くに来たんだもん!
山田「嵐、来たか~みたいな」
知念「それも、あそこまで広くない感じだったの。だから、すごい近かった! その日2公演見ました
山田「1日2公演なのに、その2公演両方見ました…フフッ(笑)」
知念「(静岡の)友達に「Hey!Say!JUMPもそこでやってよ」って言われる…」
山田「行ってない地区とかありますからね」
知念「そういう風にいろいろ行きたいね」


  • 初恋は小学1年生の頃。相手は同じ犬のオモチャを持っていた女の子。
  • 小学1年生の頃、夏休みの1ヶ月だけ練習をして体操の県大会に出場。見事優勝する。
  • 小学1年生の頃、逆立ちで40m歩いたことがある。
  • 給食が嫌い。理由は「量が多くて嫌いなものが多いから」


憧れのジャニーズ、だけど…
  • 小学3年生の終わり頃にジャニーズ事務所に履歴書を送る。
  • 小学4年生の6月2日にオーディションを受ける。
  • このオーディションには後に同じHey!Say!JUMPのメンバーになる有岡大貴もいた。
  • 有岡「ムチャクチャ小さくて、お母さんに電話しながら“もう家に帰りた~い”って駄々をこねてたのをよく覚えてる。」
  • 緊張の中、オーディションは終了後、ジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川に「このあと、ハットリくんのオーディションも受けてきなよ」と言われる。知念自身は早く静岡に帰りたかったが、なんとかお母さんに連れられオーディションを受けた。
  • 映画「NIN×NIN忍者ハットリくん THE MOVIE」三葉ケンイチ役に大抜擢。
  • 当時9歳、身長120cm。ジャニーズ事務所最年少、最低身長であった。
  • オーディションから1ヶ月後の7月に映画はクランクイン。撮影期間中、親元を離れて東京のホテルで生活することになる。
  • 共演者の香取慎吾に毎日の様に「嵐って知ってる?」と聞いていた。
  • 香取「もうね~、こないだ言われたのでね、15回目ぐらい…。「嵐知ってる?」って。もう、毎日聞くんですよ。嵐大好きみたいで…。僕はあんまり知らないから辛いんですよ、言われると。「あ~、知ってる知ってる~」とか言うの、言えないんで。マツジュン(松本潤)にこの間会いました、僕。うわっ、マツジュンじゃん!(嬉)って握手してもらいました。」
  • 香取には知念里奈から取って「リナ」と呼ばれていた。
  • 映画と並行で行われていたフジテレビ系で放送された番組「NIN×NIN ケンイチ氏・知念侑李 400日の大冒険」では撮影現場、宿泊先のホテルの中、更には静岡の実家まで密着。どこに行ってもカメラがあるという状態だった。そのうち知念はカメラを遠避けるようになってしまう。その態度を見かねた共演者の田中麗奈さんが知念にこう語りかけている。

田中「ねぇ侑李。カメラは侑李に注目してるから撮ってるんだよ。いいことなんだよ。撮られない人になったらどうするの侑李。だってさ、(共演者の香取)慎吾ちゃんだってこうやって撮られて大きくなったんだよ。撮られてるって事は注目されてるって事だから」
知念「だって侑李何も出来ないもん。あんなにいたら」
田中「違う違う。そういう自然な姿が撮りたいの」
知念「じゃあ気付かないようにここら辺にちっちゃいカメラ…」
田中「手振っていいんだよ。(カメラに手を振る)」
知念「嫌だ」
田中「そうやって皆大きくなるんだって侑李。OK?」
知念「何か気が散る」
田中「気が散るけどそれを乗り越えるんだよ。だって慎吾ちゃん気が散ってないでしょ。それは慎吾ちゃんがもうスターだから」


  • SMAPのコンサートに行き、SMAPの楽屋に入れてもらう。SMAPの面々を前にするも怯まず「大野くんが好き」と言った。それを聞いた草彅剛が「俺、大野くんに似てない?」と言うと「似てない」と即答。
  • ホテル・グランパシフィック・メリディアンで行われていたKAT-TUNの大冒険 de SHOW(2003年8月12日-8月20日)で初めてステージに立つ。その様子はめざましテレビで特集された。
  • この公演で後にメンバーになる薮 宏太、八乙女光、伊野尾慧と対面。
  • 1ヶ月半続いた映画の撮影も無事クランクアップ。共演者・スタッフ全員にお礼の気持ちを込めて手書きの色紙をプレゼントした。
  • 最後に一番仲良しだった香取と話すと、今までずっと我慢していた涙を零し出す。

香取「今まで一回も泣かなかったの?今日。初めて泣いちゃった、ついに。ずっと我慢してたの?色紙皆さんに渡してたら寂しくなってきた?」
知念「(頷く)」
香取「お別れは寂しい?」
知念「(頷く)」
香取「スタッフの人たちはみんないい人たちだった?」
知念「(頷く)」
香取「頑張ったもんな。お芝居はまたしたい?」
知念「うん」
香取「初めてだったけどお芝居やってみて面白かった?またお芝居してみたい?」
知念「うん」
香取「歌も歌いたい?」
知念「うん」
香取「踊りも踊りたい?」
知念「うん」
香取「ってことは大変な日々がこれから待ってるよ。それでもやりたい?」
知念「うん」
香取「かっこい~。…頑張って。…突き進め」

  • 照明の落ちた暗闇の中、終始優しく知念に語りかける香取の姿が印象的だった。この時の事を、香取は自身のラジオでこう振り返っている。

香取「今日は僕が感動した事2003.仕事場について話そうと思うんだけど。ハットリくん実写版の映画、香取慎吾やりました。その撮影で子役の子、ジャニーズ事務所の子なんですけど、知念くんっていう男の子がいまして。僕はその子の事をリナって呼んでたの。知念里奈からとってね。
そのね~リナがね~、撮影終わった時に僕の一人のシーンがまだ残って、二人一緒に終われなかったんだけど。リナの撮影が昼に終わって、僕はまだ夕方まであったから撮影してて。で、スタジオに来たのよ、リナは。ほんでスタジオの隅で話してたら、いつも元気なリナが泣き始めて。「どうしたんだよ。泣いちゃったよ~」「終わって寂しいからさ~」って笑顔なのよ。「寂しくて~終わっちゃって~」そこで子供みたいじゃなくて、なんか知んないけど「終わって寂しいから~」つってすごい笑顔で泣いたの。あれには感動したね~」


  • 2004年1月30日、フジテレビ番組「ほんとにあった怖い話」にほん怖クラブのメンバーとして出演。
  • 共演した稲垣吾郎にゲーム機の裏にサインを書いてもらうが、知念はそのサインの上にシールを貼ってしまう。理由は「落書きされたと思ったから」
  • 2004年8月28日-「NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE」が公開。知念も舞台挨拶に回る。
  • 2004年10月9日放送NHKドラマ「七子と七生 〜姉と弟になれる日」に七生役で出演。
  • このドラマは平成16年度文化庁芸術祭 テレビ部門優秀賞受賞。
  • このドラマでは初めてのキスシーンを経験。相手は主演の蒼井優。
  • この時期に雑誌の撮影現場で松本潤と対面。いきなりの出来事に緊張する知念だが、その後の雑誌インタビューでは興奮気味であった。
  • 知念「今度嵐のコンサート

編集中



長いトンネルを出た先に


編集中



交友関係


  • プライベートでよく遊ぶのは山田涼介、有岡大貴、岡本圭人。
  • 憧れの先輩・大野智とはメル友である。
  • KAT-TUNの中丸雄一とはオンラインゲームで遊ぶ仲である。
  • 芸能界での友達はいない。在学中の堀越学園には芸能活動をしている仲間がたくさんいるがあくまでもプライベートでの仲であり、芸能界の友達という意識はない。
  • 同じクラスメートの入江甚儀には雑誌の伝言板コーナーでメッセージを送ったことがある。「入江甚儀へ。仕事のほうで今度会おうね」
  • 学校の友達には“侑李”と呼ばれている。
  • 事務所の後輩・Sexy Zoneの松島聡が憧れの先輩に知念の名前を挙げている。
  • 松島とは同じ静岡県出身で誕生日も近いことから知念も松島のことを可愛がっている。
  • メンバーの呼び方。「山田→涼介・山ちゃん」「中島→ゆうてぃ・裕翔くん」「森本→龍太郎・龍ちゃん」「岡本→圭人」「有岡→大ちゃん・大貴」「高木→雄也」「伊野尾→伊野ちゃん」「八乙女→光くん」「薮→薮くん・薮ちゃん・宏ちゃん」
  • 山田とはHey!Say!JUMP、Hey!Say!7、NYCと3つのグループで同じである。さらに同じ学校のクラスメートでもあるため、常に一緒に行動しているため3日連続で会わない日がない。
  • 山田に“侑李”と呼ばれると「馴れ馴れしい」と怒る。しかし裏では「侑李って呼んで」と言ったことがある。
  • 山田とは家族ぐるみの仲である。



編集中