※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※ここもトップページ同様の荒らしに遭っていたので版を戻しました。

Comodo 2.4



Comodo 3.0beta

ポップアップの種類と機能および選択方法。


Firewall Alert


このタイプのポップアップはプログラムの通信(外部へと内部へ)のブロックor許可を設定する。
プログラムの種類に応じてプリセットを選ぶ。プリセットを設定することで大まかな許可、不許可が自動的に設定される。再びポップアップが出る場合、個別に判断して"Allow this request"や"Block this request"にする。

プリセットの種類

Outgoing Only

外部への接続のみ許可。プログラムの最新バージョンをチェックするときや、インターネットから情報を取って来るタイプのプログラムが通信するときなどに出るポップアップで選択。
 許可の詳細:
 ・TCPとUDPの外部(out)行きの通信を許可。
 ・そのほかの通信をすべて遮断。

Web Browsers

ブラウザが対象のポップアップで選択。
許可の詳細:
・HTTPの外部(out)行きの通信を許可。
・DNSの外部(out)行きの通信を許可。
・そのほかの通信をすべて遮断。

etc.

その他いろいろ。

  • プログラムにつけた設定をいじりたい場合はメインウィンドウのFIREWALL-Advanced-Network Security Policyで各プログラムの設定が変更できる。


Defense+ Alert


このタイプのポップアップはプログラムの振る舞いのブロックor許可を設定する。
プログラムの種類に応じてプリセットを選ぶ。プリセットを設定することで大まかな許可、不許可が自動的に設定される。再びポップアップが出る場合、個別に判断して"Allow this request"や"Block this request"にする。

プリセットの種類

Trusted Application

信頼できるプログラムならこれを選択。

Shell Application

シェル(コマンド入力型)のプログラムならこれを選択。

Isolated Application

独立したプログラムならこれを選択。

Isolated Browser Apprilcation

独立したブラウザならこれを選択。

  • プログラムにつけた設定をいじりたい場合はメインウィンドウのDEFENSE+-Advanced-Computer Security Policyで各プログラムの設定が変更できる。


名前:

添付ファイル