※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【二つ名】
すきま妖怪の式、策士の九尾

【能力制限等】
???

以下、ネタバレを含む

+開示する

本ロワにおける動向


【スタンス】
???

【勝利時の願い事】
???

【本編での動向】

登場話数 タイトル 出来事
14 もうひと組の霊夢と魔理沙 初登場

【キャラとの関係(最新話時点)】

キャラ名 関係 呼び方 解説 初遭遇話
八雲紫 不明 紫様 八雲藍の主 ※本ロワでは未遭遇
博麗霊夢 仲間? 霊夢 魔理沙の姿を借りて同行中 14:もうひと組の霊夢と魔理沙

【F-5 博麗神社 朝】
【八雲藍】
[状態]:霧雨魔理沙に化ける術を使用しているため疲労が進行中。
残り体力( 90/100)
[装備]:なし
[道具]:オーブx0 ディバック(「開催場所の地図」「方位磁石」「時計」「写真付きの参加者名簿」「筆記用具とノート」「ロープ」「保存食2日分」「飲料水2日分」「懐中電灯」)
[思考・状況]
基本方針:マミゾウに勝つ(優勝は二の次)
1.なんでもいいから武器が欲しい
2.術が意外と疲れる
3.魔理沙には遭遇しないようにしないと

「藍の使ってる変化術(仮称)」
体力消費 5/30分
相手の記憶の中にある知り合いの姿と声を自分のそれに被せる術
姿が知り合いの誰かっぽく見えて、声が知り合いの誰かっぽく聞こえるだけ
良く観察すると不自然な点が多い(あと藍さまは演技が上手くない)
効果範囲は100mほどで、それ以上離れた所からだと普通に藍の姿が見える
体の大きさを変化させているわけではないので、
例えばあるはずのない尻尾が草を揺らしたりするかもしれないし
ハイタッチした時に霊夢が(いつもより手の感触が大きいような)と思ったかもしれない
他にもうっかり正体がばれる可能性高し  

|