※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

提供サイト




レビュー


2006/02/16(木)
【名前】銀盤カレイドスコープ
【ジャンル】リズムアクション
【サイト名】タイトーゲームエキスポ
【使用機種】W41CA
【課金体系】従量課金420円
【容量】600KBくらい
【通信機能】なし
【プレイ時間】2~3時間
【感想・レビュー 】
フィギュアスケートを題材にしたリズムアクションゲーム。
原作はコミックなのかな?
全然知らなかったけど特に問題は無かったです。
流れてくるマーカーに合わせてリズム良くボタンを押すとポリゴンで描かれたキャラクターが演技をする。
非常にシンプルだけど音楽とキャラクターの動きがなかなか良くできてるので、とても楽しい。
リズムアクションゲームでたいせつなことはしっかり押さえていて、尚且つボタンひとつのシンプルな操作は携帯アプリにはとてもマッチしています。
クリア後のおまけもあって、満足度は高いです。
残念なのは、難易度が低く、曲数も少なくて、ボーリューム不足感が否めないこと。
すぐにクリアしちゃいます。
値段も高めかなー?


2005/12/26(月)
【使用機種】 W21CA
【評価・点数】 75/100
【感想・レビュー 】
1キー入力タイプのリズムアクション。モードはストーリー/フリー/隠し(キャラモデリング鑑賞)
ストーリーはキー押しっ放しで流せる&一回クリアすれば途中の好きな所から出来るので原作シランでも平気だが
話の中身も重視する人にとっては多分ツラい舞台設定。リズムゲーらしく音がそれなり&1playが短いのは○。
初めは簡単な譜面なので楽に進むが、後半連続入力が出始める辺りで壁に阻まれるおそれあり
基準点がキャラの足元なのに、技の発展によっては入力マーカーが画面から見切れたりするので先読みが要る
先行入力気味だと何故かエクセレント評価が出易い。譜面によってはキー入力拾うのが追いついてない予感(機種相性かも)
フリーモードで正確なタイミングを画面で見ながら練習とか出来たら良かった。¥315ならもっと良かった