小説:ベンジョリー

    
キーンコーンカーンコーン・・・
  「さてと、帰ろうかな」
  オレの名前は橘 瑩(たちばな あきら)、成績を気にしない高校2年生だ。
  「帰ってなにしようかな」
  放課後、義妹の雪音(ゆきね)は、なんたら委員会とかで帰るのが遅くなるそうだ。よって、オレ一人での下校となる。
  「・・・・・・寝るに限るな」
予定を立て、オレは帰路についた。

・・・・・・・・・
・・・・・・

  「・・・やべ・・・・・・」
ちょうど学校から家までの中間地点、オレは地獄を味わっていた。
  「うが・・・ぐぅああぁ・・・」
ストレートに言うと、腹が痛い。先程から締め付けられるような、まるでエフワンのエンジン音みたいなものまで鳴っている。
  「ど、どどどど、どうする?」
  誰にでもなくそう聞く。だが答えが返ってくるはずもない。
  (嗚呼、神様・・・1300円渡すからどうか助けてくれ・・・!)
と、いるかどうかも分からない神に、金銭面での取引を申し込んでみる。
  (・・・・・・)
が、答えは沈黙。どうやら断られたようだ。ていうか、OKされてもいろいろ困るが。
  「おおぉお・・・・・・」
  オレは下半身の洞窟からドラゴンが逃げ出さないようにしながら、いろんな筋肉に力を込める。がしかし、余計な筋肉まで力を込めてしまった!
  (おおおおおおおおおおお! まずいまずいまずい、も、もる・・・!)
  このままでは核爆発が起きてしまう! そんなことになったら、地球は・・・・・・!
  (オレの勇気は・・・死なない!!)
・・・・・・・・・
  腹の中で起きた戦争は、一時停戦協定を結んだ。
  今のうちにダッシュで家に帰るか? いや、もしまたドラゴンが暴れだしたら・・・
  「ん?」
  ゆっくりと歩いていたから気付いたのか、家の近く(といってもさほど近くないが)の公園、「勇者公園」が見えた。幸いこの公園にはトイレがある。明らかに家に帰るより、ここで済ました方が安全なのだが、いくつか問題がある。それは、

●公園のトイレでバースト、知人に見つかってしまったら・・・
●先に人が入っていたら気まずい・・・
●公園にはそこら辺のガキが戯れている。ヘタをすれば・・・
●ここのトイレは臭い。

その他諸々・・・
  最初の3つはまだ許せるのだが、最後の一つだけは許せるとかいう問題じゃない。たとえるなら、ドリアン、そしてシュールストレミング並み・・・いや、それを超える臭さだ。
  オレの息は最高で3分くらいは持つが、状況が最悪だ。和式便器なので体勢も悪くなるし、なにより精神的に追い詰められている中、冷静に息を止めていることは難しい。仮に息を止めつつドラゴン抹殺に成功したとして、オレの身体に臭いが染み付いてしまう。家に帰るまで多少の呼吸は制限されてしまい、最悪の場合家に臭いを持って帰ってしまう。だが、今この場で楽になるのは確かだ。
  逆に、グレート・ダッシュで家に帰れば、問題なくバーストできる。臭いもつかないし、なにより安心してドラゴンを抹殺できる。がしかし、家に帰るまでが地獄だ。もし途中でフライングでもしたら・・・・・・
  「ぬっ!?」
  究極の選択を強いられていた最中、再び激しいエンジン音が! まずい、眠っていたドラゴンが目を覚ましてしまったか!
  「くっ! オレはどうすればいいんだ!?」

(↑どちらか選択してください)




グレート・ダッシュ! (家へ帰るぜ!)

  やはり臭いがつくのは耐えられない! もし呼吸困難に陥って死んでしまっては元も子もないしな! よし、そん・・・
  「あぐっ!?」
なぜかさらに腹の痛みが増してしまった! くっ、歩くに歩けん!
  「垂れ流して・・・・・・たまるかぁ!」
オレはかかとを上げ、つま先に力を込め、チョコチョコチョコッと歩き始める。50m走・5秒台、ナメんなよ! ・・・この場合あんま関係ないか。
  しかしチョコチョコと歩き出したものの、なかなか進まない。って当たり前じゃん。
  とその時、運悪く前方から人が来てしまった! まずい、変人扱いされる! 最悪の場合、た、逮捕・・・・・・?
  「・・・・・・」
オレはかかとを地面につき、つま先の力を抜いて、チョコチョコ歩きをやめる。そして平然とした顔でその人とすれ違う。なんとか変な目で見られずにすんだが、代償としてオレの体力を大幅に持っていかれてしまった。冷や汗もびっしょり。
  「もってくれ、オレの身体ァ・・・・・・」

・・・・・・・・・
  「ハァ、ハァ・・・」
  息遣いが荒くなってきた。今のオレ、第3者から見たらおもックソ変人だろうな。
  「こんなに、家、遠かったっけかぁ?」
いつもと変わらない通学路。無論距離なんて変わることがない。だが、なぜか数倍遠く感じる。それほどまでにオレは追い詰められているのか。
  「クッソォウ・・・まだまだぁ!」
  オレはこんなところで終わるわけにはいかないんだ。終われば、がんばってきた意味がなくなってしまう。
  「あ、あれは・・・!」
  オレが夢にまで見た我が家が見えてくる。そして不思議と、腹のエンジン音がやわらかく、静かになっていく。
  (ドラゴンが弱まった! やるなら今だ!)
  オレは利き足に力を込め、地面を蹴り上げる!
  「グレート・ダーッシュ!」
  ほぼ本気の走り。身体を風になびかせ、オレは最後の力を振り絞る。またいつ目覚めるか分からないドラゴンを恐れながらも、勇敢に走り続ける。
  「間に合えぇ!」
・・・・・・・・・
  家に到着、オレは走った疲れと、再び目覚めつつあるドラゴンの鳴き声で、ハァハァ状態。限界を感じながらも急いで玄関の鍵を開け、目的の聖域まで約5メートル!
  (勝つのはオレか、それともお前か!!)
いざ、決着のとき!

・・・・・・便座へ着いたときから、もう勝負はついていたのかもしれない。それでもオレは容赦なくドラゴンを叩きのめす。全てを破壊し尽くし、激流へとドラゴンを投じる。そしてオレは、戦いに勝った。
  「てめぇの敗因はたったひとつのシンプルな答えだ。てめぇはオレを焦らせた」
便器に向かってそう呟く。流れゆく音が、勝利を感じさせる。
  これが、最後の真実。




バトル・ザ・トイレット!! (便所へゴー!)

  背に腹は変えられん! たとえ死が隣り合わせでも、帰る途中でフライングバーストしてしまうよりマシだ!

――――ザッ、ザッ、ザッ、ザッ・・・・・・
  オレは例の便所へと歩を進める。そこら辺で戯れていたガキたちも、急に黙り込み、オレの進む道を開けてくれる。挑戦者への手向けなのか。
  そしてオレは便所の前に立つ。この時点ですでに微弱な異臭が。後方からガキたちの視線も感じる。
  だがここでくじけてはいけない。腹に潜むドラゴンも、いつ暴れだすか分からない。
  オレは便所から少し離れ、カバンを置き、心を落ち着かせる。
  そして大きく口をあけて空気を肺いっぱいに吸い込み、
  (いざ!)
  軽くダッシュをしてトイレに駆け込み、ベルトを外しつつドアを閉める。手早くロックをかけ、瞬時に腰を下ろし、ついに暴れ狂うドラゴンを召喚する!
  ・・・洞窟を押し広げ、轟音と共に現れる褐色の龍。そしてゆっくりと、泉の中へ身を投じてゆく龍。その後次々と、それぞれ大きさの異なる龍が召喚されていき、同じように泉の中へ身を投じてゆく。豪快、かつ見事な水音。とても美しいとは言いがたいが、現実味のあふれる音だ。正直早く終わって欲しいが。
  最後の龍をこの世に産み落とし、オレは目の前のトイレットペーパーに手をかける。そして一定量ちぎり、ドラゴンの巣穴を綺麗にふき取る。その後再び、ペーパーに手をかける。が、
――――パサッ・・・・・・
  「!?」
  なんと、ラスト1枚だったのだ。つまり、この1枚で全てを終わらせろと。神が与えたオレへの最後の試練。
  (この1枚に、全てをかける!!)
オレは再び巣穴をふき取るが、まだ龍召喚時の余韻が残っている。オレはペーパーを1回たたみ、再び巣穴に宛がう。粘着的な音を立てつつ、ふき取っていく。しかし、まだ余韻が残っている!
  (くそ、これ以上はたためない・・・どうする!?)
  息のほうもヤバくなってきている。早めに済まさなければゲームオーバーだ。だが、このままトイレを出てもやばい。ガニマタで家に帰らなければならない状態になる。
  (・・・! いや、まだ終わっちゃいない!)
  オレはトイレットペーパーの、「芯」に手を伸ばす。そしてそれをある程度のサイズにちぎり、巣穴へ。予想通りの痛みと不快感があるものの、背に腹は変えられない。そう、これが最後の希望だから。
  (まずい・・・息が・・・もたん・・・・・・!)
  オレは痛みと苦しみに耐えながら、全ての余韻を消し去ることができた。しかし息が限界だ。もう数秒ももたないであろう。
  (間に合ってくれぇ!)
  急いでベルトを締め、チャックを上げ、同時に水を流すバーに足をかける。
  (さよならドラゴン・・・そして死ねぇ!)
オレは勢いよくバーを踏みつける。そして龍は大量の水に流され、消えて行く。刹那、オレはドアのロックを解き、オープン――――

・・・・・・・・・
  心地よい風がオレを迎えてくれる。これは勝者へ送る、神からのプレゼントなのだろうか。地元の空気なのに、なぜか違う感じがする。先程までの息苦しさが嘘のように引いていく。・・・・・・これが、「生きてる」ってことなんだな。
  しかしそれも束の間。制服のまま入ったのが間違いだったのか、若干臭いがこびりついてしまっている。そして戯れていたガキたちも、再び黙り込み、道をあける。それは勝者を送るためでなく、単にクッサいからだろう。
  「まさに生き地獄・・・・・・」
  オレは今、軽く絶望を味わっている。このまま帰っても、制服に臭いが残っているので家までも汚染してしまう。かといってどこかでフラつくとしても、この臭いだ。すぐ周囲の人々に目の敵にされてしまう。というかすでにされている。
  「仕方ない・・・帰ろう」
  とぼとぼ歩き出す。腹はすっきりしたが、心はすっきりしてない。代償として心を支払った気分だ。言うなれば、腹と心を入れ替えたような、そんな感じだ。
  戦いには勝ったが、勝負には負けた。
  「神様はいないんじゃない。いるけどただ、残酷なだけ・・・」
  空を見上げ、そう呟く。届くはずの無い訴えを。儚い想いを。
  これが、最後の真実・・・。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

更新履歴

取得中です。