フングリッヒ・ポンペ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】フングリッヒ・ポンペ

【大きさ】
  • 小型×多数と大型の二つの形態を持つ
    • 小型:50㎝程度
    • 大型:手前の人影をサキ(プレイアデス聖団の中ではかなり高い。165cmと仮定)とすると26m

【攻撃力】
  • ミチルの身長以上に大きく開けた口での噛みつき(呑みこむ?)。

【防御力】
  • ミチルが出した、マミのマスケット銃のような武器での銃撃では、大したダメージは見られなかった。
    • 攻撃を受けた際には、体から空気が抜けたため、頭から出る管を口に咥えて息を吹き込み、体を風船のように膨らませる事で回復?した。
  • ミチルのリーミティ・エステールニの一撃で倒された。

【素早さ】
  • サイズ相応

【結界】
  • 荒涼とした荒野にそそり立つ鳥居のような建造物
    • 「太古」のイメージ?

【使い魔】
  • 魔女をそのまま小型にしたもの。
    • 口には鋭い歯があり、それで人間を食べる。
  • 使い魔が集まって魔女に成ったのか、魔女が分裂して使い魔のような姿を取るのか、よく分からない。

【特殊能力】
  • 群体の為、部位破壊でのダメージでは致命傷は与えられず、全群体を一度に殲滅しない限り倒す事が出来ない。(3巻)