コスメ魔女


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】コスメ魔女(本名:志田京香)
第2話で登場した化粧品の販売員。
ガングロや茶髪にして肌や髪が荒れている女子高生を許せず、負の感情からスライム状の魔女モドキと化す。
最終話にも1コマだけ登場した。
(wikioediaより抜粋)

【大きさ】幅2m、高さ2.5m、全長5~6mの「女性の上半身が生えたイモムシ」型
【攻撃力】
  • 張り手
    • 芋虫の頭部に当たる部分から無数の腕を出して張り手をする
      • かずみを吹き飛ばす程度の能力。特に強力ではない

  • 目潰し(化粧品?)
    • とびかかったかずみの顔面にクリーンヒットさせられる
      • 目を塞いだ以外には特にダメージはない

【防御力】
  • カオルのカピターノ・ポテンザ(蹴り)に耐える

  • 海香のイクス・フィーレに拠れば弱点は切断属性
    • 同じく、海香の槍による攻撃はそれなりに効いていた模様
    • みらいなら一撃で倒せたかもしれない

  • かずみのリーミティ・エステールニによって倒される

【素早さ】
  • かずみの攻撃に併せて目潰しを仕掛けた為、反応速度はそれなりに高いと思われる

【結界】
  • 魔女モドキは結界を持たない

【使い魔】
  • 魔女モドキは使い魔を持たない

【特殊能力】
  • 魔法少女が変じた魔女と異なり、魔女モドキは人体が直接魔女に変貌する
    • 魔女モドキはある程度の理性を持ち、人間の姿に戻って周囲に溶け込む事が出来る