※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

FIA-GT3風味レース車両規定(1/17現在)


※この項目はまだ企画検討中の段階であり、変更になる場合があります。



このレースに参加できる車両は実際のFIA-GT3規格に則り、参戦している車両を指定します。

【PP制限】**※12/15更新
基本はPP525です。ですが、扱うことのできる車両が所属する【クラス】を設けます。各クラスに所属している車両はそのクラス毎に定められたPPを設定しなければいけません。

・Aクラス:PP520

・Bクラス:PP525

・Cクラス:PP530



【セッティング】
基本的にPP以内であれば自由です。但しエンジンチューン、ターボの装着は基本的に禁止。ウイングの装着を強く推奨。
これらのセッティングを施さないとPPが届かない場合は特認とします。

【出場可能車種】 ※1/17更新
変更箇所

※2/19更新
ランボルギーニ:ムルシエラゴをCクラスへ

※2/11更新
ランボルギーニ:ムルシエラゴの追加
アウディR8、アストンマーティンDB9、ダッジバイパーをCクラスへ




Aクラス:PP520

  • BMW:Z4
  • RUF RGT(特認車両...ポルシェ枠)

Bクラス:PP525

  • シボレー:コルベット(RM車両は×)
  • ランボルギーニ:ガヤルド
  • フェラーリ:458
  • マクラーレン:MP4-12C
  • マセラティ:グランツーリスモS
  • 日産:GT-R
  • BMW:M5(アルピナ枠) ***12/16追加
  • ジャガー:XKR
  • シボレー:カマロ
  • アストンマーティン:V12 バンテージ

Cクラス:PP530

  • フォード:マスタング
  • メルセデス:SLS AMG
  • フェラーリ:F430スクーデリア
  • フォード:GT
  • アストンマーチン:DB9
  • ダッジ:バイパー
  • アウディ:R8
  • ランボルギーニ:ムルシエラゴ(FIA GT1規定廃止記念!)