昔々、とある村に、太助というやんちゃ小僧が居ったそうな。

太助は好奇心が非常に強い少年で、人の言うことを聞かずに、大人たちを非常に困らせておった。

ある日、太助は大人たちに「決して入ってはならぬ」と言われた森へと向かった。
森は薄暗く、道も平坦では無かったが、太助は構わず奥へ奥へと進んでいった。



どれだけ進んでいったか分からなくなった頃、
太助の耳に何やら祭囃子のような楽しそうな音楽が聞こえてきた。

「おや、これは楽しそうな予感がするぞ?」

太助はそう呟きながら、音のする方へと歩いて行った。

音は大きな洞穴の奥の方から聞こえてきていた。
好奇心の強い太助は、全く恐れることなく、その洞穴の中に入っていった。



音を頼りに何度か道を曲がり、坂をどんどん下っていくと、やがて広い場所に出た。
そこでは、たくさんの小鬼たちと、一人の少年が楽しそうに遊んでいた。

その光景に流石の太助も驚いていると、

「やぁ、君も一緒に遊ばないかい?」

と、少年の方から太助に声をかけてきた。

太助はその少年の顔を見ようとしたが、明かりが少ないせいか、
はっきりとは見えなかった。

太助は少し首をかしげたものの、楽しそうな遊びをしたいという好奇心がゆえに、
深く考えようとしなかった。



そこでの遊びはとても楽しいものであった。
太助の知らない遊びもたくさんあった。

今までやってきたことがつまらなく感じるくらい、
この世のものとは思えないくらい楽しい時間を過ごした。

「どうだい、ここでの遊びは楽しいかい?」

太助が遊び疲れて休んでいたころ、少年が太助に尋ねた。

「もちろん楽しいさ。もう、ずっとここに居たいと思うくらいさ」

そう太助が満足そうな笑顔で答えると、少年の口元が歪んだ。

「そう、それじゃぁ、君がここに居てよ」



「えっ、どういう・・・ ・・・!?」

少年の言葉の意味を理解しかねた太助は、思わず少年の顔を見てぎょっとした。
その少年の顔は、太助そっくりの顔であった。

「その言葉のとおりさ。僕が『太助』になって村に帰るから、君はこのままここに残ればいい」
「ま、まってくれ。僕だって村に戻りたい」
「ダメだ。『太助』はこの世に一人。君はこれから『ななし』として、ここで生き続けるのさ」

『太助』は、涙目の『ななし』を冷酷な目で見つめる。
それに耐えきれなくなった『ななし』は、外へ駈け出そうとするが、小鬼たちに抑えられてしまう。

「嫌だ。もう勝手なことはしないから、大人の言うことはちゃんと聞くから、だから帰してくれぇ」
「大丈夫。そういった演技も僕がちゃんとやっておくから。だから、君はずっとここで楽しんでいるといい」



「それじゃぁね、ななし。楽しかったよ」
「い、いやだあぁぁぁぁぁ!!」

泣き叫ぶななしを見ることなく、太助は道を迷うことなく洞穴を出て、村へと帰って行った。

その頃、村では、一日たっても帰ってこない太助のことを心配して、
村人が総出で村中を探し回っていた。

そして、夜が更け、村人たちも諦めかけてた頃、
森の方から、涙で顔を濡らした太助が歩いてきた。

村人や家族は大層怒っていたが、
何時になく涙を流して謝る太助を見て、あまり叱ることはしなかった。



それからというもの、太助は人が変わったかのように真面目で、
大人の言うことをちゃんと聞く少年になった。

村人も、家族も、その太助の代わり振りを見て、

「あぁ、森で怖い思いをしたおかげで、太助も改心したのか」

と、大層喜んだ。

やがて太助は大人になり、村一番の器量よしとして、妻をめとり、
幸せな家庭を築いたのであった。

おしまい


+ ...