online-breaker @Wiki メモリ



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メインメモリ

メインメモリはCPUの選択との関係が深い。CPUを決めたら、使用するメモリの種類は決定される。FSB(フロントサイドバス)と呼ばれるCPUとメモリコントローラ間の接続スピードを表す言葉がある。(メモリコントローラはメインボード上のチップセットと呼ばれるICチップに機能が搭載されている。(特にAMDのAthlon64はメモリコントローラをCPU内部に実装し、ひとつのCPUチップとしている。))CPUのFSB(Pentium4なら800MHzなど)とメインメモリのアクセススピード(動作クロック、DDR400なら200x2=400MHz)がずれてしまう場合、特に、メモリの帯域幅が大きいのならばその分高速処理できる可能性はあるが(大差はでない)、逆にCPUのFSBよりもメモリの帯域幅が狭い場合は、そこでボトルネックになりCPU性能が生かせない。メモリは今後DDR規格からDDRIIに移行する。DDRIIはDDRにくらべて低電圧動作設計で、消費電力と発熱が低い。

表「DDR_Iメモリー、PCモジュール」
PC xxxx DDR xxx 動作クロック 帯域幅
PC3200 DDR400 200MHz 3200MB/秒
PC2700 DDR333 166.66MHz 2700MB/秒
PC2100 DDR266 133.33MHz 2100MB/秒
PC1600 DDR200 100MHz 1600MB/秒
表「DDR_IIメモリー、PC2モジュール」
PC2 xxxx DDR_II xxx 動作クロック 帯域幅
PC2-6400 DDRII800 400MHz 6400MB/秒
PC2-5300 DDRII667 333.3MHz 5300MB/秒
PC2-4300 DDRII533 266.6MHz 4300MB/秒
PC2-3200 DDRII400 200MHz 3200MB/秒

DDR1

図「DDR I」

=

DDR1

図「DDR II」