|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

模型メーカー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

国内メーカー


バンダイ公式ページ
ガンプラのメーカー。

タミヤ 公式ページ
世界一のプラモメーカー。最近は完成品販売に力が入ってる。
2006年後半からキット・塗料の大幅な値上げが続いていて困る。・・というか心配・・

ハセガワ 公式ページ
飛行機が得意。デカール替え限定キットが大杉なので、欲しいものはすぐ買った方がよい。
マクロス、バーチャロンなどのロボット物は新製品ごとにクオリティが上がっている。

アオシマ 公式ページ
車が得意。特にデコトラはマニアに人気。昔は合体マシンで楽しませてもらいました。
最近は船キットも注目されている。

フジミ 公式ページ
車、飛行機、お城など。けっこう新金型商品を発売しているが、品質にバラツキがあるらしい。

ニチモ 公式ページ
船が得意。日本のプラモの初期からあるメーカーだが、最近は新製品はほとんどない。

マイクロエース(旧アリイ)公式ページ
倒産したメーカーのキットを生産してる。
その中にアリイの新製品もあるのだが、素人には見分けがつかない。
昔は怪しいキットが多かった。ラーメン屋とか行水の情景キット、あと扇風機のキットなど発売している。

童友社 公式ページ
こちらも倒産したメーカーのキットを販売している。
デカいジャンボジェット機とか、神輿、人力車など、他のメーカーには無いキットがある。

GSIクレオス(旧グンゼ産業)公式ページ
塗料、道具でなくてはならないメーカーだが、キットもある。
ルパン三世シリーズやミリタリー系など。最近じゃPinky Street が大人気。

東京マルイ
ほんとは大手エアソフトガンメーカーだが昔ガンダムに似ているガンガルのプラモを作ったことでも有名
スケールものでも、1/24でドア・エンジンフード可動、モーターで走りライトも点灯、それでいてプロポーションもよく出来ているスーパーカーシリーズがあった。ぜひ再販して欲しい。

グリーンマックス 公式ページ
主に鉄道模型のキットを販売するメーカー。
スケールは1/150で、建物類のキットが豊富。
スケールの似た1/144のジオラマ作りに活用できると思う。
鉄道模型専用のスプレー塗料・ビン入り塗料を販売しており、これを使うことで塗装にバリエーションが付けられるはず。
塗料はラッカー塗料。

国内ガレージキットメーカー


海洋堂 公式ページ
多くのガレージキットを発売し、模型イベント「ワンダーフェスティバル」の実質的な運営も行ってる。
チョコエッグに始まる出来のいい完成品ブームから一般にも知名度が高いようだ。
その反面、ガレージキットの新製品はここのところほとんど無い。

コトブキヤ 公式ページ
多くのフィギュアメーカーが乱立している現在、昔からコンスタントに発売を続けている老舗のメーカ−。
組み立てキットは、スパロボ大戦、アーマードコア、ゾイドのプラモを発売している。
レジンキットの生産は、イベント限定以外では無くなってしまった。

ボークス 公式ページ
一種独特の雰囲気を持つメーカー。ファイブスター物語キットなどで高いクオリティを見せていた。
最近はドール系が中心のようで、ガレージキットの新製品は少ない。

ファインモールド 公式ページ
日本の飛行機・戦車を得意としていたが、
なぜかスターウォーズシリーズを発売。これが出来がすごくいい。

ピットロード 公式ページ
船が得意。

WAVE 公式ページ
インジェクションキットを多数出している。
FSSシリーズ、マクロス、ボトムズが有名。

ムサシヤ 公式ページ
老舗のメーカー。本来は文房具屋。
昔のガレージキットらしいテイストを残している。

Popy(旧B-CLUB)
バンダイの系列(子会社?部署?)。通常のガンプラでは発売できないようなマイナーアイテムや、改造パーツ、フィギュアなどを発売している。
2007年にバンダイのホビー事業部(簡単に言えばガンプラ部門)に吸収された。

クレイズ、ちびーず 公式ページ
有名原型師の宮川武氏のフィギュアを中心に販売しているメーカー。

リューノス 公式ページ
有名原型師の竜人氏による個人のメーカー。ラインナップは少ないが、もちろんどれもすばらしい出来。

Max Factory 公式ページ
有名モデラーのMAX渡辺氏のメーカー。
塗装済みガイバーシリーズがあった。フィギュアでは有名原型師の智恵理氏の出来の良いフィギュアが多かった。
現在はそれらのキットの完成品に力を入れている。

クルシマ 公式ページ
オーバーダードの佐藤兄弟や、女性原型師の慶子さん(実は社長令嬢)の独特フィギュアで有名。

Amie Grand 公式ページ
「アミエ・グラン」。意味は「大きいお友達」だそうです。
比較的大きめのフィギュアが中心。イベント限定だったキットの一般販売もしている。

GRIFFON 公式ページ
「アートロード」と言えば、模型イベントに行く人なら「ああ、あそこか・・」と、みんな知ってると思います。

Studio27 公式ページ
F1等、レーシングカーのレジンキットや、デカール、ディテールアップパーツを発売している。
「27」とはフェラーリのドライバーだったジル・ヴィルヌーブのカーナンバー。

モデルファクトリー ヒロ 公式ページ
F1などのキット、ディテールパーツを販売している。特にメタルパーツの精密さはすばらしく、一般工業部品も製造しているらしい。
キットの価格はそれなりに高いが、上級モデラーならチャレンジしてみたいキット。

Platz 公式ページ
元ハセガワの社員が興したメーカー。主に飛行機中心。

Sweet公式ページ
元タミヤで飛行機の設計していた人のメーカー。
その人と奥さんの二人だけでやってるらしい。普段?は駄菓子屋をしてるらしいです。
しかし、パーツやディテールの精密さは日本一、っていうか世界一です!

Taska公式ページ
元タミヤで戦車の設計してた人がいます。
戦車のパーツが中心だったが、宮崎駿さんの悪役1号という架空戦車を発売した。

Work Shop Cast公式ページ
ファイブスター物語のキットで有名な生嶋さんの個人工房。

海外メーカー


ドラゴン 公式ページ
ミリタリーものが得意。タミヤのライバルと言えるまで成長してきた。
日本の代理店はハセガワ

イタレリ 公式ページ
イタリアのメーカー。
日本の代理店はタミヤで、1/72ウォーバードシリーズの半分くらいは、実はこのイタレリのキットだ。

レベル/モノグラム
元々別のメーカーが合併した。日本のプラモの初期のころは、あこがれのキットだったらしい。
日本の代理店はハセガワ

エレール 公式ページ
フランスのメーカー。
昔のキットは精密で出来がよさそうだが、最近のは・・・
他メーカーのことは気にせず、独自に1/18ルノーF1を出すところなどフランスらしい。
日本の代理店はGSIクレオス

AFVクラブ
台湾のメーカー。その名のとおりミリタリ−のみ発売している。
パーツ・モールドが非常に精密。
日本の代理店はGSIクレオス

トランペッター 公式ページ
中国のメーカー。数年前からデカいキットやマイナーなアイテムを発表し、一躍世間の注目を集めた。
国内のメーカー、ピットロード、WAVEなどの一部のキットはトランペッターで製造されている。


その他

イマイ
倒産してしまったメーカー。
金型はアオシマが引き継いで、いくつか販売されている。
帆船とかサンダーバード、ロボダッチが有名。

PROTAR
元GPチャンピオンライダーが興したイタリアのメーカーだった。
1/9バイクが中心。玄人好みのキットが多く、素人にはお勧めできない。
日本では超絶な完成品を作ってる人がいてWebサイトで見られるが、
それにあこがれてキットを買うと大変なことになる。
数年前に、イタレリに吸収されてメーカーはなくなり、創業者も2005年初頭にお亡くなりになられた。
日本では、イタレリのキットはタミヤから販売されているが、このプロターのバイクキットは
特別に引き続き「プロタージャパン」から販売されている。
ちなみに、プロタージャパンの社長さんは昔タミヤですごいキットを開発していた有名な人。
そのプロタージャパンも2006年に廃業されて、伝説だけが残ることに・・・

G-PORT
セーラームーンのフィギュアで有名だったメーカー。
他にも竜人氏のEVAフィギュアは伝説的。
最後は神風怪盗ジャンヌの広告が雑誌に載ってたが発売されずにフェイドアウト・・・

カルトグラフ
イタリアのデカールの印刷会社。この会社が直接販売するのではなく、
キットの中に入ってたり別売りデカールのメーカーがここに印刷してもらっている。
発色が良く下の塗装などが透けにくい、しわくちゃになったりせずに貼りやすい、
貼った上からクリアー塗装する場合も失敗が少ないなど、現在のデカールでは最高級。
日本ではデカールのインク成分が使用禁止らしく、同品質のものの生産は出来ないらしい。
このデカールが入ったキットは、デカールが輸入品になるため限定版がほとんどだったが、
最近のタミヤキットなどでは特に限定でなくても使われていることが多い。