※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

AK47


第二次世界大戦後にドイツのStG44を参考に旧ソ連が開発したアサルトライフルです。
現代のアサルトライフルの中ではお世辞にも高い性能とは言えませんが、
どのような環境にも耐えうる耐久性と技術力や資金の少ない国でも作れる量産性の高さから世界中で生産されており、
開発から60年以上経った現在でもいまだに現役で使用されています。
派製品も含めれば世界一生産されたアサルトライフルのベストセラーと言われています。

PRでは非正規軍の各陣営で使用されており、AK74と比べると威力が高い代わりに反動が強めに設定されています。

スペック

使用弾薬 7.62mmロシアンショート弾
装弾数 30発