AKS47


AK47を小型軽量化し、固定ストックの変わりに折りたたみストックを取り付けたモデルです。
もともと空挺部隊向けに開発されたモデルですが、取り回しのよさから
戦車兵やパイロットなどの兵科にも使用されています。
ライフル弾を発射するので分類上はアサルトライフルですが、
限界まで小型化されているためサブマシンガンと扱われることもあります。

PRでは非正規軍のほとんどの陣営で使用されており、
実際の性能通り反動がかなり強めに設定されています。

スペック

使用弾薬 7.62mmロシアンショート弾
装弾数 30発