※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

韓国「不倫試薬詐欺」大摘発…こんなデタラメが売れる“かの国”の風土

 既婚者は不倫率が高く、未婚者の浮気も多い-。これが韓国の男と女の実情だそうだが、猜疑(さいぎ)心でギスギスした夫婦関係など楽しいはずがな い。そうした心理につけ込むような事件が今年9月、韓国で起きた。ソウルの警察署が「男性の体液に反応する世界初の不倫試薬」と偽った溶液を販売していた として68歳の男を書類送検。男は、900人以上から600万円以上を騙(だま)し取っていた。こうした犯罪がはびこるのは、不倫に端を発したトラブルを 避けたい人が多い証拠だろう。不倫は救いがたい事態しか生まない。

 ■妻の不倫が分かる世界初のクスリ

 朝鮮日報などによると、ソウル市内の警察署は9月16日、酸性・アルカリ性に反応する化学薬品の溶液を「体液に反応する不倫試薬」と偽って販売した疑いで、販売業者の男(68)を書類送検したと発表した。

 男は2010年6月から今年4月にかけ、928人に不倫試薬を売りつけ、7千万ウォン(640万円)をだまし取ったとされる。

 同紙は、被害に遭った自営業の男性(42)の話を伝えている。

 妻の不倫を疑っていた、この男性は今年4月、インターネット上で「男性の体液に反応する世界初の不倫試薬」という情報を見つけた。すぐさま飛びついた。販売業者の男と接触し、8万5千ウォン(約7800円)で試薬を購入。そして男からこう言われた。

 「体液に反応すれば(橙(だいだい)色の)試薬は赤黒く変色する。興信所に依頼して物証をつかんだらいい」

 猜疑心でいっぱいの男性は信じ切った。試薬を妻の下着にかけた。するとオレンジ色の試薬は赤黒く変色。当然、妻を問い詰めた。ところが、妻は不倫を強く否定した。研究機関に下着を送って調べてもらうと、体液は検出されず、驚いた男性は警察に被害を届け出た。

 捜査機関の研究所が調べた結果、試薬は体液だけでなく、水や尿、さらに豆腐や牛乳、卵などにも反応することが判明。同紙によると、他にも同様の試薬が市場に出回り、警察は注意を呼びかけているという。

 ■世界2位の「不倫大国」

 日本でも、このクスリがあれば一も二もなく購入する人は少なくないかもしれないが、韓国では、既婚者が配偶者以外と性交渉を持つと姦通罪に問われるため、その反動からか「不倫率」が高いのだという。

 米国の調査会社ハリス・インタラクティブが行った11年の調査では、韓国人男性の不倫率はタイに次ぐ2位。調査はエイズ予防を目的とし、英国のコ ンドーム製造会社が依頼。「不倫経験がある」と回答したのはタイが54%で最も高く、韓国が34%、マレーシアが33%、ロシアが32%だった。

 不倫にまつわる事件も少なくない。

 02年に起きた女子大生殺害事件では、中堅企業の会長夫人が、娘婿のいとこの20歳代の女子大生を婿の愛人と疑い、自身の甥(おい)に女子大生を 殺害させる事件が起きている。会長夫人は約2年間にわたって女子大生を尾行させ、女子大生の殺害を命じたが、娘婿の不倫を疑ったことから始まった事件だっ た。

 未婚者の浮気も珍しくない。韓国の結婚情報会社が11年に20~39歳の未婚者に対して行った調査では、約68%が交際中に「浮気をしたことがある」と回答。具体的には、男性は抱擁やキスが最も多く、女性は食事などのデートが多かった。

 「反日」には熱心だが、自らを普通に律することができない、自身には“甘い”国。それは、韓国の別の顔でもある。

 ■自身に“甘い”国にはなってはならない

 厚生労働省の人口動態統計によると、平成24年の離婚件数は23万5394組で、人口1千人における離婚率は1・87。離婚率を都道府県と21大 都市でみると、2・59の沖縄県がトップで、2位は2・45の大阪市。堺市が2・15で、大阪府全体でも2・16と高い。離婚が不倫や浮気が原因とはかぎ らないが、その一因になっていてもおかしくない。

 不条理で、自身に甘い国・地域になってはならない。韓国で起きていることを、他山の石なのだ。

http://news.goo.ne.jp/article/sankei/world/snk20130925566.html