Quest of D 戦士


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基本操作

当たり前だけどG押しっぱなしで盾を構える
何らかのモーション中でもガードできることがあるので避けられないと思ったらとりあえず押してみる。
敵の攻撃が当たる瞬間にガードするとジャストガードになってダメージが1になる
又、連携攻撃中にもタイミングよく押し直せば全て1することも出来なくはない
(盾を持っていなくてもガードはできるが、基本的にジャストガードは不可能。
武器キャン時に出ることがあるようだが狙って出すことは困難)
盾を持っているときのほうがガードモーションが早く取れ、
これによりオークラッシュ等の一部の攻撃を喰らっても途中からガード出来るようになる。
また、盾は様々なデザインがあるので見た目にこだわるのもいいかもしれない。
Ver3ではガードの重要性が増した為弓を背負っていた人も盾を持つようになってきたが、
盾はすでに出回ってしまっているので取引価格は安いままだ。


■パリセイドシールド(UC)
防御:4(10)[12] DEX:+5(+10)[+11] AGI:-3(固定)
足が遅くなるがDEXの上昇率は魅力的。人気も高い。

■ウイングシールド(UC)
防御:1(5)[7] AGI+5(+10) [+11]
防御性能は悪いが足が速くなる。
イベントで活躍するので、使用キャラ全員に持たせておきたい。

■フレイムシールド(UC)
防御:3(8)[9] STR:+3[+4]
高い炎属性防御とSTR補正が魅力。
見た目は好みが別れるところか。
フレイムアーマー弱体化の為炎耐性の強化に役立つ。

■ナイトシールド (R)
防御:6(12)[15] STR:+3(+6)[+6] VIT:[+2]
DEX:-3(固定)
防御力が高く耐性も上昇しバランスがよい。
STR上昇率が高く、ミスリルソードと組み合わせて+14は大きい。

■マジックシールド(R)
防御:5(10)[13] DEX:-3(固定)INT:+3(+6)[+8]
耐性が高いので属性攻撃も怖くない。サポ魔でさらに強化。
だが戦士サポ魔でもない限りは他の盾を持った方が良い。
(STR、DEX、AGIのどれかに補正があるもの)

■リフレクトシールド (R)
防御:1(5)[8] VIT:[+2]
魔法、ブレスをガード可能
ブレスや魔法を唯一ガードする事が出来る。
反面、防御力が低い盾と比べても物理攻撃ガード時のダメージ軽減率が低い。
そのため、他の装備である程度防御を上げておかないとガードしたのに40ダメとかも十分にありうる。
↓付を持ってる人はもう居ないと思うが、劣化すると魔法&ブレスのガードが出来なくなるので注意。
魔法はヒット後ダメが表示されるまでガード可能なため、マスターすれば後出しで魔法を無力化できる。
また、魔法やブレスはガードすれば最小ダメージですむのでガードに自信があれば属性耐性をある程度無視できるのも強み。
騎士スキル「フローレス」との相性は抜群に良い。
もちろんガード不能攻撃も存在するのでそれだけは注意しよう。

以下、リフレクトシールドでのみガード可能な攻撃
各種直線系魔法、直線系魔法と同一グラフィックのトラップ、
誘導毒玉&聖玉、一部ボスが使う地を這う炎&氷、
炎&氷&雷ブレス、石化ブレス、ドラゴン系ボスが使う紫ブレス、
ヴァンパイアの地を這う衝撃波、白騎士ガヘリス等が使う竜巻、
フォートレスのミサイル、
デヴィアス(アシュラマン)やセンティネル(目玉)の使う光弾、
重力弾の直撃(重力場の出現は防げない)