※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『沸々と込み上げる怒』

怒。
とにかく怒。通り越したら『大往生』。

つまり、首領蜂。

怒ってます。心の底から怒りに満ちてます。
理由は簡単。

そう。CAVEです。クソッ!!TAITO以上に腹が立ってきやがった!!

その答えはCAVEのHPいけばわかります。
というのもなんなので、言っちゃいます。

『鋳薔薇~ブラックレーベル~』

前回、くそったれな続編のタイトルに全身から何かが抜けていったと思ったら、今度は怒りが込められてきます。

ブラックレーベル。
それは、かつて『怒首領蜂大往生』が全人類に対して世界最『狂』の難易度に生まれ変わり付けられたモノである。
『怒首領蜂大往生・ブラックレーベル』は、世界でたったの5人しかクリアできないとまで噂されるほど(事実らしい)の『狂』敵であるが、それはあくまでも『首領蜂』シリーズという流れで生まれていったもの。
『首領蜂』シリーズは生まれ変わるにつれ、シューティング界に『真の弾幕の恐ろしさ』を伝えたものであり、弾幕を潜り抜けながら敵を破壊しまくる爽快感を与え!!ブラックレーベルは『首領蜂』シリーズだから許せる難易度であったはずだ!!!!

なーのーに。

なんですか。なんなんですか。

『鋳薔薇』って、そう簡単にブラックレーベル出せるような出来ですか?
はっきり言って、ガレッガぱくったあげく失敗したくせぇあげく『ガレッガ』を汚したではないか!!??

あーんな出来の悪いのがなーんで偉大なるブラックレーベルを名乗れるんだ。

クソッ。腹立ってきた。

だから、今夜は踊り狂うぞコンチクショウ。

取り出したるは、まだ輝かしい誇りを持っていた頃のCAVE作品『○銃フィー○ロン』。

嗚呼!!コレだよこれ!!

あーもー。CAVEはいっぺん死んでくれ。



ドラマコンプレックス 戦国自衛隊~関ヶ原の戦い~ for 日テレ。

今夜は後編。
うーん。個人的には面白いカナァ。

反町隆 の超シブい喋り方とか、なんか妙にカッコイイ。

ストーリーも結構いいですね。
時代劇…見てる感じはまったくない。
もうなんか人間ドラマというか、現代の人と戦国の人との考えの違い方の対立とか調和?とか?

そして。
歴史は果たして変わるのか?変わらないのか?
自衛隊員たちは果たして…。

ああ!!そんなばかな!?ああ!!そういうことか!!

なんて結果が待ってるかもよ!?
こりゃー、福井先生のほうの戦国自衛隊も見たいナァ。フフッ。


というわけで、CAVEのせいで冷静さを失いいつものH12に戻ってしまったところで今日はお開き。