※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『あっ!!』

ブロークンサンダーのCDの曲で『Moon Of Black Rain』というのがあるんですが。

なんかこの曲、ハイパーデュエルのヤツのアレンジっぽい気がするな。
曲名も同じだし。
いや、そうだそうに違いない。間違いない。

ちなみに、「ハイパーデュエル」もテクノソフトから発売された逸品。
作曲も九十九氏です。
ちなみに「ハイパーデュエル」では「Black Rain」という曲名です。

で、ブロークンサンダー版Black Rain の最後に付けられている「BG-00」。

こうなるともはや、これは『バスターギア』のことではないかという。(ハイパーデュエルの機体の総称ですよっ)
絶対そうだろ!!??

とまぁ、ハイパーデュエルというのはかなり希少でして。
ゲーセンで発表された当時、相当数が少なかったようで残っていないらしい。
サターン版でリメイクと完全移植版のカップリングが出されましたが、こちらもオークションでたまーに見るくらい。
いやはや。
サターン版発売当初に購入していた自分はなんと幸せなことだろう。

サンダーフォースとハイパーデュエルはストーリーや設定では接点がありません。
ですが、もしかしたらどこか知らぬ所で繋がっているのかも。

ですから、『ブラストウインド』にもっと光を!!!!!!

ブラストウインドというのは、テクノソフトから発売されたサターン専用シューティングのことですよー。こちらは相当のレアですよー。

なんといっても、この作品。
すっかりシューティング馬鹿達をさらに加速させた『Justice Ray』の原曲がラスボス戦で流れます。いわゆるパート1。
こちらもサンダーフォースとは接点がないんですけど。
で、ブラストウインドを先にやっていた僕は、サンダーフォースVのラスボス戦の曲を初めて聴いたとき、涙を流したという逸話は誰にも知られてません(ぁ

でもまぁ、同じテクノソフトということで、音楽で世界が繋がっているということは他のゲームにはないんじゃないか。
素敵です。素敵過ぎます。
今はなき、テクノソフト。

伝説は今も尚、進化し続けている。