※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『【R】の意志を受け継ぐ者達 ~シューティング祭り・八日目~』

R-TYPE。
歴史にシューティングが誕生して間もない頃、完成されたシステムで世の中のユーザーを圧倒したシューティング。

全ての攻撃を防ぐ「フォース」と、全ての存在を薙ぎ払う「波動砲」。
歴史から【R】が消えるまで、その基本システムは変わることなく受け継がれてきた。

絶対無敵の装備があるにも関わらず、苦戦をしいられるプレイヤー。

敵の名は【バイド】。
あらゆる生命体、あらゆる機械、そして人間の精神までも貪る破壊意思を持った究極の生命体。
立ち塞がるのは、バイドそのものだけではなく、バイドが乗っ取った生命体や機械。
全てが脅威と化したフィールドを、孤独なプレイヤーは旅立つ。

敵は時空を超え、次元の狭間にまで存在し、人類の脅威となっていた。

そして、バイドという存在の真実を知る時、我々プレイヤーは【R】に秘められた物語に驚嘆するだろう。

時空の向こうにある真実とは…。

その全てを知るのは、【R】の最期を見届けた者達だけである。



はい。短くまとめてしまいました。
R-TYPEですねー。およそ20年前に第一作目が発表され、間も無く「Ⅱ」がアーケード。
しばらくして、スーパーファミコンで「Ⅲ」がでて、いつでたかわからない「LEO」。
IREMの永き眠りの末、PSで「⊿」、そして全てのシューティングファンに捧げられたPS2「FINAL」。
ちなみに、「LEO」はちょっと特殊です。レアだし。
とまぁ、R-TYPEは難易度の高い横シューの代表で、圧倒的に難しい。
でも、面白い。この難しさこそ【R】なんだと、実感してほしい。

それにしても、もう20年か…。まだいけると思うんだけどナァ。
でも、ストーリーは締めくくられたわけで。。。

あー。あのシステムは勿体無い…。実に勿体無い…。
だからこそ、このシステムの素晴らしさは忘れてはいけないんだー。


はぁ。エースコンバット。
確かに、前作の内容と比較すると物足りなさはあるかもしれない。
ただ、4と同じような流れだからこれはアリかなとは思う。
問題は次回作。

間違いなく 【 PS3 】だということだッ!!

はぁ。PS3は春頃発売らしいけど、ソニーだしナァ。様子見だなぁ。
今回はソフトメーカーも限定されるらしいしなぁ。ソニーだもんなぁ。

ぁー、トライジールおもしろいなー。アンダーディフィートおもしろいなー。

…。