111126 Cool-up IDOL


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


http://hato.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1322273268/
雑談系2 [モ娘(狼)] “【モーニング娘。10期】サトウマサキこと佐藤優樹ちゃんを応援するでしょ~21ポクポク【まぁちゃんメインみたい】”

143 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2011/11/26(土) 12:41:12.37 0 (PC)
「Cool-up IDOL」 2012年1月号 モーニング娘。 10期メンバーインタビュー その1

第10期新メンバー加入!!
飯窪春菜・石田亜佑美・佐藤優樹・工藤遥

注目を集めたモーニング娘。の10期メンバーオーディション。選ばれたのは
高校生1人、中学生1人、小学生2人というフレッシュな4人。
そして、今回は特に美少女度が高い感じ。果たして、その素顔は?さっそく直撃しました。
                           Photo/草刈雅之 Text/斉藤貴志

――モーニング娘。を意識したのは、いつ頃からでした?
飯窪「保育園の頃にテレビで観ていて、カラオケでもよく歌ってました。
   かわいいなーと思ったのは石川梨華さん。高校生になってから、また興味が
   出てきて、HPを見たらオーディションがあったので応募しました」
石田「小学校の頃、アイドルと言えばモーニング娘。で、「恋愛レボリューション21」が
   大好きでした。今は道重さゆみさんが憧れ。自分のことを“かわいい”と
   言ってるのも本当にそう思うし、それを生かしたトークができて、曲によっては
   クールにもできる。すごいと思います」
佐藤「お母さんが私がお腹にいたとき、モーニング娘。の曲を聴いて踊ってた
   みたいなんです(笑)。自分も物心ついてから『CDTV』とかでもいつも
   1位でいい曲ばかりだし、“いつか入りたいな”と思ってました」
工藤「幼稚園の頃にめちゃ流行っていて、コンビニでも曲が流れていて、
   憧れからハロプロエッグに入りました。バックダンサーをやらせてもらうと
   オーラがすごかったし、最近も新垣里沙さん、田中れいなさんと
   ミュージカルをやらせていただいて、演技も上手でカッコイイです」

144 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2011/11/26(土) 12:41:23.28 0 (PC)
「Cool-up IDOL」 2012年1月号 モーニング娘。 10期メンバーインタビュー その2

――みんなはメンバーになるまでは、学校とかではどんな子でした?
石田「一緒にいる友達が面白くて、私もそれに乗ってふざけてる感じ。休み時間は
   予鈴と本鈴があって、チャイム着席するように言われてるんですけど、
   しゃべり過ぎてチャイムが聞こえません(笑)」
飯窪「私はすごく活発で、ウザいくらいうるさいと思います(笑)。高校生なんですけど
   鬼ごっこが大好きで、昼休みに友達を誘ってワイワイやったり、先生の
   モノマネをしたり(笑)。前は研ナオコさんや堺雅人さんの顔マネもしてました」
工藤「私はそういうくだらないことはしないで(笑)、教室で友達と話してることが
   多いです。ベランダから校庭を見て、下にいる子と4階と地上で話したり(笑)」
飯窪「くだらない(笑)」
工藤「あと、1年から6年まで毎年、学級委員をやってます。最初にお母さんに
   『やってみれば』と言われて、それからずっと。休み時間も遊ぶより、
   行事について話し合ったりするほうが好きです」
佐藤「私はボール投げやサッカーが大好き。乗馬も3年生からやってます。
   飼ってた犬が死んじゃって、悲しくて。動物と触れ合いたいと思って始めました」

――高2の飯窪さんから見ても、小学生メンバーは若いって感じ?
飯窪「みんなが普通にオーディションを受ける年齢で、私だけ飛び抜けて
   年上でしたけど、精神年齢が低いせいか(笑)、そんなにギクシャクは
   しませんでした」

145 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2011/11/26(土) 12:41:33.91 0 (PC)
「Cool-up IDOL」 2012年1月号 モーニング娘。 10期メンバーインタビュー その3

――佐藤さんはダンスも歌も未経験で、オーディションでくじけそうになったりはしなかった?
佐藤「ありました。石田ちゃんは振り向くときのキレがいいし、工藤ちゃんは
   教えられたことをすぐ覚えるし、すごいなと思って。でも、そういう上手な子が、
   ライバルかもしれないのにコツとか教えてくれて、どんどん直していけました」

――石田さんはやっぱり、得意のダンスでアピールしようと?
石田「そこで自分の力を出さないとダメだと思いました。ヒップホップは中からで、
   その前にチアダンスをやっていて、佐藤ちゃんが言ってくれたキレは、
   そこで学べたと思います」

――工藤さんもエッグで学んできたことは発揮できましたか?
工藤「エッグから唯一合宿まで選ばれたので、前から応援してくださってる方の
   期待にも応えたくて、強気で行こうと。9期のオーディションも受けたんですけど、
   一緒にやってた譜久村聖ちゃんが合格して、私は不合格。悔しかったし、
   チャンスなので再チャレンジしたんです。ここで落ちて、またエッグに戻るのも
   イヤだったから“やるしかないゾ!”という気持ちでした。でも(最終候補の)
   10人から一緒にメンバーになる子もいるかもしれないから、自分だけ
   良くてもダメ。合宿では協力し合って、みんなでいいものを作ろうと思ってました」

146 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2011/11/26(土) 12:41:45.92 0 (PC)
「Cool-up IDOL」 2012年1月号 モーニング娘。 10期メンバーインタビュー その4

――結果選ばれた4人の中で、最初からインパクトがあったメンバーはいる?
石田「私は工藤ちゃん。会場に入ってきたときから『おはようございます!』って
   元気にハキハキあいさつして、すごいなって。合宿の夜に声の出し方も
   教えてくれたり、年下ですけど、“この子について行こう”と思いました(笑)」
工藤「私は石田ちゃんを会場に行く電車の中で見かけてました。洋服がオシャレで、
   キャリーケースの周りにもレースが付いていて、お父さんと『あれかわいいね』
   と言ってました(笑)。飯窪ちゃんは合宿ではおとなしくて、“今どきの高校生って
   こんな感じ?”と思ってたんですけど、合格したら全然違っていて(笑)」
飯窪「私は亜佑美ちゃんを最初に見たときから“かわいい子がいる”と思いました。
   ダンスのときに隣りだったんですけど、すごいキレで圧倒されました」
佐藤「工藤ちゃんは最初、私が個室で着替えてたときに入ってきて、そこまで聞こえる
   声で『おはようございます』とあいさつしてました(笑)。出て見たらすごく
   かわいくて、ダンスや歌も上手。ハスキーボイスで自分らしさも出していて」
工藤「自分がハスキーボイスだとは、エッグに入るまで全然気づいてませんでした。
   普通の声だと思って話してたら、ダンスの先生に『風邪ひいてるの?』と
   言われて(笑)。佐藤ちゃんはすごくフレンドリー。誰にでも前から
   友達だったように話し掛けてきて、“初対面なんですけど・・・・・・”みたいな(笑)」
飯窪「みんな最初はお互い敬語だったのに、1人だけ普通に『飯窪ちゃん』と
   話し掛けてきました(笑)。本当に天然。夜ごはんが唐揚げ弁当だったときも、
   片栗粉で揚げた白い唐揚げだったんですけど、まぁちゃん(佐藤)は
   『これ何だろう?』って、隣りの子のお弁当の唐揚げを摘むんですよ(笑)。
   自分のも同じなのに」
佐藤「どんな味か試してみようと思ったんです。自分のを食べたら、まずくても
   全部食べないと失礼なので」
工藤「理屈になってないよ(笑)」

147 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2011/11/26(土) 12:41:58.91 0 (PC)
「Cool-up IDOL」 2012年1月号 モーニング娘。 10期メンバーインタビュー その5

――モーニング娘。の一員になってから変わったことや、意識的に変えようと
思ってることはある?
佐藤「敬語を使おうかなって(笑)。合宿のときから工藤ちゃんに『使ったほうがいいよ』
   と言われてました。私は元気が取り柄ですけど、敬語も大切ですよね」
工藤「私は何も変わらなかったです。つんく♂さんのビデオレターで合格と
   言われる直前まで、エッグでダンスレッスンをしてたから実感が沸かなくて、
   感動してない自分のほうにビックリ(笑)。でも、日本武道館での発表のときは
   緊張しました。エッグのときから応援してくださってる方が、舞台で販売
   したばかりのバースデーTシャツを着てくれていて勇気づけられましたけど、
   元気をもらってる場合じゃなくて。“私が笑顔と元気をあげなきゃいけない!”
   という自覚は、エッグのときより強くなりました」
飯窪「合宿でストレッチと発声練習を教えてもらって、正直受かる自信はそこまで
   なかったんですけど、受かったときのために毎日続けてました。合格できたのは
   本当にうれしいけど、ダンスも歌も未経験で苦手だから、誰よりも努力
   しなきゃいけない。だから、今までの2倍練習するようになりました」
石田「私はダンスは経験あって得意と言ってますけど、歌は全然ダメだから
   頑張らないと。それに、モーニング娘。は協調性のあるグループなのに、
   私はまだ先輩たちにあいさつするときも緊張しちゃって。早く馴染めるように、
   まずこの10期4人で協力していきたいです」

148 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2011/11/26(土) 12:42:09.03 0 (PC)
「Cool-up IDOL」 2012年1月号 モーニング娘。 10期メンバーインタビュー その6

――自分がモーニング娘。の中で、どんなポジションを担うメンバーになりたい、
とかはありますか?
工藤「やっぱり前からのファンの方の期待にも応えたいし、歌もダンスもお芝居も
   もっとできるように努力して、モーニング娘。のファンの方にも応援して
   もらえるようになりたいです」
佐藤「ダンスも歌も未経験で、これからすごくたくさんの曲を覚えてないと
   いけないんですけど、努力して、敬語も使えるようになって(笑)、
   『10期メンバーはすごい』と思われたいです」
飯窪「つんく♂さんがビデオレターで“オシャレ担当”とおっしゃってくれました。
   今までもオシャレは意識してましたけど、さらに自分にしかできない
   ファッションにしたくて、出掛けるたびに1時間ぐらい、何を着るか
   悩んでます(笑)。ダンスや歌で追い付けるようにしつつ、撮影とかでも
   アピールしたいです」
石田「歌でも自分のパートが欲しいし、いいパートならもっといいし(笑)、
   立ち位置もセンターでやれるようになりたいです。ステージで一番
   輝ける人になって、笑顔や感動をたくさん届けます!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。