|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2011年10月13日/ヴァルキリーの旅立ち

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
ルセリアを流した精霊界の付近に奇妙な穴が発見された。
調べていると奇妙な電波を受信した、らしい。
俺には何もわからなかったがなにやらシャード、とかいうものの共鳴が起きたそうだ。
そういえば深月が大きく鳴動していた。何か関係があるのだろうか。

そこからは慌しかった。
世界律がどうとか、イデアがどうとかいう話の後、
ダイダロスを補修し、戦艦へと復帰させた。

そして彼らは自分達の世界を救い、取り戻すために旅立った。

アースガルドには広大な空き地が残った。

ノルンはアースガルドの大規模改修工事をでっちあげ、一旦閉園することを決めた。
自分達の世界を救う使命は理解できるが、それでも別れは寂しいものだ。
彼らが無事使命を完遂できることを祈ろう。


カテゴリ: [来訪] - &trackback- 2011年10月13日 00:31:34

#blognavi

更新履歴

取得中です。