|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2011年11月13日/自重しろ古代神

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
深宮輝明で大爆発が起きたと連絡が入ったので調査。

調べたところどうやらコックリさんをやっていたらしく、
無邪気に参加した流々ちゃんの呼びかけに応えて
フール=ムールが神堕ろしされ、それを流々ちゃんが
制御しきれなかったために起きた事件らしかった。

アースガルド内で呆けている魔王を発見、
臨戦態勢を取ったまま事情を聞きだすと

三木に単なる恋話で呼び出されたのが珍しかったので
強引に顕現したためエネルギーが渦巻いただけだった、と言った。

その後散々追い回したが結局どうすることもできず、
久々に面白い人間達だと俺達を見下すように眺め、
退屈しない時間を過ごせたと勝手に満足して帰っていった。

これだから強大な魔王は手に負えないというのだ。

煽られただけで逆切れして自滅してくれる面々は
本当に組し易い魔王だということを再認識する事件だった。

肉体的にも精神的にも疲れた。


カテゴリ: [事件] - &trackback- 2011年11月13日 00:10:42

#blognavi

更新履歴

取得中です。