|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2011年12月02日/妹というもの

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
ウィザード有志による会合の後決斗や悟達そこそこ若手の
成年ウィザードで飲んだ。

いつものように決斗や弾輝の妹自慢が始まり
妹は目の中に入れても痛くない程可愛いという意見が多く
酒の勢いからか悟なども流々ちゃんの良さを長々と語るくらいだ。

俺もルセリアのことがあるので大いに賛成したのだが
何故か決斗に血縁のない妹に対して
そういう感情を抱くのは非常に危険だと
凄まじく真剣な表情で諭された。
酷い誤解もあったものだ。

ガングリルやディーンも賛成していたが
あいつらは酒で酔う構造なのだろうか。
ルーシィはともかくリサが可愛い妹だと言うのは
鬼姑にも愛嬌はある、という冗句なのだろうか。
たしかに見た目をはじめ外面はいいのだが、
内面は地獄の泥と見紛う黒一色だろうあれは。
あとガングリルは妹に性的興奮を覚えるな。怖いから。


カテゴリ: [普通] - &trackback- 2011年12月02日 00:43:27

#blognavi

更新履歴

取得中です。