|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2011年12月10日/機鱗児の目覚め

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
キリヒメと深宮を散策しながら話を聞く。

ミカが目覚めたのは極最近のことらしい。
幻日事件の最中でセラも本調子ではなかったらしく
計器が正しい反応を示す前にキリヒメが自分と
同じように覚醒せずという偽の信号を送る処置を
したのだそうだ。

その理由は操りやすそうな性格だったので
騙して自分の手駒にしたかったからだらしい。
事実ミカはキリヒメに懐いている。
他の機体が近づけばキリヒメが感知できるので
巡回は巧くかわしていたのだが、先日ルセリアが
偶然迷い込んだためにミカを隠す暇がなく
犯行に及んだそうだ。

金侍は過去の起動に立ち会っており、
性格の一致を見破られたので口を封じたらしい。
しばらくの時間が稼げれば奴よりも信用を得て金侍の言う
真実を虚言と偽り、孤立させる予定だったのだという。

あまり不和の種を蒔かないよう釘を刺すと
素直に反省する振りをしていた。

仲間を裏切る者と約束を破る者は容赦なく叩き潰すと
宣言してやると彼女は青い顔で頷いた。

目が言われてもやると言っていたので
もうしばらく様子を見ないといけない。


カテゴリ: [来訪] - &trackback- 2011年12月10日 00:06:58

#blognavi

更新履歴

取得中です。