|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2012年01月23日/幸せの形

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
商店街で起きた踊る人形事件は冥魔の仕業だった。
居合わせたエルティナと共に撃退。
被害にあったイノセントも後遺症等の心配なし。

出動後三木の家に行き、三度悟と問答。

昨日までの質問とは異なり
最終的な亜鳥紫音の幸せとは何か
と問われた。

俺の目に映る皆が俺を必要としない程度に自立し幸せになること
自分で言うのもなんだが怖ろしく欲張りな願いだと思う。

だが悟はそうは思わなかったらしく、そこに俺の居場所がないこと、
相反する利害が幸せの定義である二人がいた場合のこと、
他人事でありそれが俺の幸せと直結していないことなどを
矢継ぎ早に聞いてきた。

相反する幸せについては程度の問題であり、妥協を受け入れる
度量も自立の条件の一つであるから妥協点を探せば良い、
俺の好きな人達が笑っていられることに俺の居場所は
関係なく、例えそれによって俺が孤独になろうとも
俺はきっと、最高に幸せな気分になれるだろうと思っている。

その時に幸せでないと感じたら
またその時に新しい幸せの形を見つければいいだけだ、と言うと
欲張りなのだか欲がないのだか、と困った表情をした後
悟は最後の質問をかけてきた。

悟や譲は、その好きな人、大切な人に含まれるか否か

くだらない質問だったので
含まれないなら今俺はここにはいないと即答した。

結局悟にはしばらく店にも家にも来るな、お互い時間を
おかないとプレッシャーになると言われた。
和解には双方の心の準備が必要なのだと言われると
流石に引き下がるしかなかった。


カテゴリ: [事件] - &trackback- 2012年01月23日 00:08:30

#blognavi

更新履歴

取得中です。