|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2013年03月04日/信頼と心配

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
海岸に月匣が展開されたと決斗から連絡があったので
李刻と鈴に向かってもらった。
俺自身は万が一に備えて中州で待機し、援軍要請などの準備をしていたが
状況終了の報を受け警戒態勢を解除した。

帰って来た二人の傷を見て自分の甘さを痛感した。
数日は動くこともままならないだろう惨状に声を失うほどだった。

決斗の話では敵はフェンリルに酷似した侵魔だったそうだ。
生きて撃破した二人の成長を誇るべきか、その無茶を諌めるべきか、
正直判断に迷う。


カテゴリ: [事件] - &trackback- 2013年03月04日 00:11:12

#blognavi

更新履歴

取得中です。