|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2013年03月14日/男からの贈り物

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
勤務後流馬から声をかけられ食事へ。
その際、明日のホワイトデーに関して依頼を受けたため
深夜の中州で男二人の菓子作りをおこなった。

流馬の言い分ではノルンのチョコレートが俺のせいで
食えるものになってしまったため
例年通りの出来合い菓子で茶を濁すことが出来ないのだそうだ。
しかし以前に俺が提案した指輪を渡すという行為は
死んでもしたくないということなので
俺が責任をとってノルンよりも上等な手作り品を教えるのが
筋なのだそうだ。

もともと俺のほうも配る用に大量生産するつもりだったので
材料は余るくらいに用意しており、そのあたりは問題なかったのだが
流馬の適当ぶりは目を覆うものがあり、作業は難航した。
最後は面倒になって俺の作ったものを自分の造ったものと混ぜて
これでいいかと言ってのける始末だったが、
まあ本人がそれでいいと言うので俺からは何も言わないでおいた。

贈り物で重要なのは中身ではなく贈ろうと思う気持ちなのだと
俺は思っている。

本当に。今日の流馬は適当ながら
本気でノルンに贈り物をしようと頑張っていた。

だが波間と座間にも同じものを用意していたのが少し気にはなった。
変に拗れなければ良いのだが。


カテゴリ: [来訪] - &trackback- 2013年03月14日 00:52:01

#blognavi

更新履歴

取得中です。