|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2011年08月04日/生きろ

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
中州第一試合とダイダロス第二試合を観戦。
だが今日一番盛り上がったのはダイダロス第一試合だったらしい。

中州の第一試合はあまり実際の戦闘に慣れていない楯と琴を鈴が無難に倒した。

第二試合は流馬が暴れまわったらしい。すっきりした顔をしていた。

ダイダロスの第一試合は蜂磨とディーンが三次元的な戦い方でぶつかったという話だった。
自在の高さが加わると戦闘はあんなにも難しくなるのか、と優作は言っていた。
最後はディーンの限界機動を読みきった蜂磨がまさに蜂の一刺しで勝利したそうだ。

第二試合は凄まじい物量戦をかわしきった金執事が魔王と下僕の集団を乗り越え
悟と聖嵐姫を下した。フィールドの狭さが勝敗を分けたような気もした。

しかしディーンと悟が予選で消えることになるとは、なんとも厳しい大会だ。


カテゴリ: [闘技] - &trackback- 2011年08月04日 00:24:27

#blognavi

更新履歴

取得中です。