※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

田舎にて


   明治二十六年 夏 青田

さらさらと竹に音あり夜の雪


        明治二十五年 はじめの冬

 白鷺の片足あげる氷哉

   明治二十六年 冬

 散ると見てあつまる風の千鳥哉

   明治二十六年 冬

 かけ橋や今日の日和を散る紅葉

   明治二十六年 冬

 年の暮月の暮日のくれにけり

   明治二十五年 終りの冬

 初雪の瓦屋よりも蕎麦屋哉

   明治二十五年 終りの冬 石手寺

 裏表きらりきらりとちる紅葉

   明治二十五年 終りの冬

 縁側になくや吹雪のむら雀

   明治二十六年 はじめの冬