※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本店:大阪市平野区長吉長原西一丁目3番8号


【商号履歴】
タビオ株式会社(2006年9月~)
株式会社ダン(1977年3月2日~2006年9月)

【株式上場履歴】
<東証2部>2013年7月16日~
<大証2部>2000年10月6日~2013年7月15日(東証に統合)

【筆頭株主】
有限会社越智産業

【連結子会社】
タビオ奈良株式会社 奈良県北葛城郡広陵町 100.0%
Tabio Europe Limited イギリス・ロンドン 100.0%
クラシカ株式会社 大阪市平野区 100.0%

【沿革】
昭和52年3月 靴下の企画・販売を目的として、大阪市平野区平野本町二丁目12番15号に資本金600万円をもって株式会社ダンを設立。
昭和56年9月 東京営業所を東京都多摩市に開設。
昭和57年9月 直営第1号店を神戸市中央区三宮町に開設。
昭和59年11月 フランチャイズチェーン第1号店として、『靴下屋』久留米店を開設。
昭和61年7月 本社所在地を現住所の大阪市平野区長吉長原西に移転。
昭和62年6月 商品の研究開発を目的として、「中央研究所」を奈良県北葛城郡広陵町に新設。
昭和63年3月 フランチャイズチェーン全店にPOSシステムを導入。
平成2年3月 新業態として百貨店・直営店を中心とした「ショセッティア事業部」(現「ショセット関連部門」)を新設。同時に「代官山事務所」を東京都渋谷区代官山町に開設。
平成4年4月 靴下の試験研究と物流業務を目的に、仕入先5社と共同出資で、「協同組合靴下屋共栄会」(現 連結子会社)を奈良県北葛城郡広陵町に設立。
平成6年1月 「協同組合靴下屋共栄会」に商品保管及び出庫業務を委託。
平成6年8月 低価格・高品質の商品仕入を目的として、中国上海市に丸紅繊維洋品株式会社(現 丸紅インテックス株式会社)、丸紅株式会社と共同出資で、「上海通暖紅針織有限公司」を設立。
平成7年1月 東京営業所を東京都渋谷区に移転。
平成11年2月 「代官山事務所」を東京営業所に統合。
平成12年10月 大阪証券取引所市場第二部に上場。
平成13年3月 靴下製造関連機械の研究・開発を目的として、「S.V.R.技術開発センター」を奈良県北葛城郡広陵町に開設。
平成13年7月 英国ロンドンに子会社、「DANSOX UK Co.,Ltd.」(現 連結子会社)を設立。
平成14年3月 海外での直営第1号店として、靴下専門店『タビオ』を英国ロンドンに開設。
平成18年7月 健康関連商品事業の強化と拡大を目的として、子会社「クラシカ株式会社」(現 連結子会社)を設立。
平成18年9月 企業イメージの向上と世界的なプレミアムブランドの確立を目的として、商号を「株式会社ダン」から「タビオ株式会社」に変更。また、当社の商号変更に伴い、「DANSOX UK Co.,Ltd.(以下、「ダンソックス UK」という)」の商号を「Tabio Europe Limited(以下、「タビオ・ヨーロッパ」という)」に変更。さらに「協同組合靴下屋共栄会」において、靴下の品質管理の強化を目的に「検査・研究棟」を奈良県北葛城郡広陵町に開設。
平成19年6月 連結子会社「協同組合靴下屋共栄会」を「タビオ奈良株式会社」に組織及び商号変更。
平成20年2月 直営店146店舗、フランチャイズチェーン店137店舗(メンバーズショップ1店舗を含む)合計283店舗となる。
添付ファイル