※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

モスフードサービス
本店:東京都新宿区箪笥町22番地

【商号履歴】
株式会社モスフードサービス(1984年6月~)
株式会社モス・フード・サービス(1972年7月21日~1984年6月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1996年9月2日~
<東証2部>1988年3月9日~1996年9月1日(1部に指定替え)
<店頭>1985年11月5日~1988年3月8日(東証2部に上場)

【合併履歴】
2006年10月 日 株式会社パートナーズフォー
2006年10月 日 株式会社ダイマツ

【沿革】
昭和47年7月 東京都新宿区に「ハンバーガーの製造販売及び販売指導」を事業目的として株式会社モス・フード・サービスを設立
昭和48年11月 フランチャイズ1号店新瑞店(愛知県)オープン
昭和52年12月 株式会社モスサプライ(現 連結子会社株式会社エム・エイチ・エス)設立
昭和53年6月 連結子会社株式会社モスクレジット設立
昭和59年6月 商号を「株式会社モスフードサービス」と変更
昭和60年11月 株式を店頭売買銘柄として社団法人日本証券業協会に登録
昭和61年2月 株式会社エフエフティ(現 連結子会社株式会社トモス)設立
昭和61年6月 健軍店(熊本県)、彦根大藪店(滋賀県)のオープンにより、外食産業初の全国47都道府県への出店を達成
昭和61年12月 モスバーガーチェーン500店舗目、宇都宮鶴田店(栃木県)オープン
昭和63年3月 株式を東京証券取引所市場第二部に上場
平成元年5月 スイスフラン建転換社債を発行、約103億円の資金を調達
平成2年2月 大阪市淀川区に西日本事業部を新設
平成2年10月 本社社屋取得(東京都新宿区箪笥町22番地)
平成2年11月 台湾台北市に関連会社安心食品股份有限公司設立
平成3年2月 台湾におけるモスバーガー1号店「新生南路店」オープン
平成3年3月 モスバーガーチェーン1,000店舗目、江古田旭丘店(東京都)オープン
平成4年4月 シンガポールに関連会社モリヨシフーズ社(現子会社モスフード・シンガポール社)設立
平成5年5月 シンガポールにおけるモスバーガー1号店イセタンスコッツ店オープン
平成8年9月 東京証券取引所市場第二部より同市場第一部へ指定替え
平成9年7月 ミネラル野菜、ナチュラルビーフを全店導入-モスバーガー新価値宣言-
平成10年10月 モスバーガーチェーン1,500店舗目、恵庭店(北海道)オープン
平成16年2月 ファストカジュアル業態に進化した「緑モス」1号店、新橋二丁目店(東京都)オープン
平成16年3月 当社およびモスバーガーチェーンの全店舗が環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」の認証を取得
平成16年4月 連結子会社株式会社モスフードサービス九州(福岡県)を設立
平成16年7月 連結子会社株式会社モスフードサービス東北(宮城県)を設立
平成16年9月 台湾におけるモスバーガー100号店「民権西路店」オープン
平成16年12月 連結子会社株式会社モスフードサービス関西(大阪府)を設立 
平成17年3月 子会社モスフード・シンガポール社が、環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」の認証をシンガポール国内の外食産業としてはじめて取得
平成17年4月 連結子会社株式会社モスフードサービス北関東(東京都)を設立
平成17年4月 連結子会社株式会社モスフードサービス南関東(東京都)を設立
平成18年2月 連結子会社株式会社モスヒューマンアカデミー(東京都)を設立
平成18年2月 株式会社エム・イー・エス(東京都)(現 連結子会社)の株式取得
平成18年3月 有限会社ルーチェ(青森県)(現 連結子会社株式会社クリエイトエムズ)に出資
平成18年10月 連結子会社株式会社パートナーズフォー(北海道)、子会社株式会社ダイマツ(北海道)を吸収合併
平成18年10月 香港におけるモスバーガー1号店「APM店」オープン
平成19年2月 連結子会社株式会社シェフズブイ(東京都)を設立
平成19年3月 株式会社フレックス・モス(鳥取県)(現 連結子会社)の株式を取得
平成19年3月 タイにおけるモスバーガー1号店「セントラルワールドプラザ店」オープン