※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

清水銀行
本店:静岡市清水区富士見町3番1号

【商号履歴】
株式会社清水銀行(1948年5月1日~)
株式会社駿州銀行(1928年7月1日~1948年5月1日)

【株式上場履歴】
<東証1部>1986年9月1日~
<東証2部>1983年10月26日~1986年8月31日(1部に指定替え)

【合併履歴】
1932年4月1日 清水銀行
1928年7月1日 富士川銀行
1928年7月1日 由比銀行
1928年7月1日 江尻銀行
1928年7月1日 蒲原銀行
1928年7月1日 庚子銀行
1928年7月1日 岩淵銀行

【沿革】
昭和3年7月1日 富士川銀行・由比銀行・江尻銀行・蒲原銀行・庚子銀行・岩淵銀行の6銀行が合併し、駿州銀行を設立。
昭和7年4月1日 旧清水銀行を合併。
昭和23年5月1日 商号を株式会社清水銀行と改称。
昭和36年4月1日 乙種外国為替公認銀行となる。
昭和40年10月28日 清水総合保険株式会社を設立。
昭和50年12月1日 清水総合リース株式会社を設立。(現・連結子会社)
昭和52年3月7日 総合オンライン稼動。
昭和53年11月1日 清水信用保証株式会社を設立。(現・連結子会社)
昭和56年12月10日 清水ビジネスサービス株式会社を設立。(現・連結子会社)
昭和58年4月9日 国債等公共債の窓口販売を開始。
昭和58年10月26日 当行株式、東京証券取引所市場第二部に上場。
昭和61年6月1日 商品有価証券売買業務を開始。
昭和61年7月15日 外国為替コルレス業務の許可を取得。
昭和61年9月1日 当行株式、東京証券取引所市場第一部に指定替えとなる。
昭和62年11月25日 国内発行コマーシャルぺーパーの取扱いを開始。
平成元年4月1日 増資を実施し、資本金は86億7,000万円となる。
平成元年6月15日 担保附社債に関する信託事業の免許を取得。
平成元年7月1日 清水総合コンピュータサービス株式会社を設立。(現・連結子会社)
平成元年9月12日 コルレス包括契約銀行の承認を受ける。
平成2年10月22日 清水キャリエール株式会社を設立。
平成3年12月24日 清水総合メンテナンス株式会社を設立。(現・連結子会社)
平成6年1月6日 信託代理店業務を開始。
平成10年12月1日 証券投資信託の窓口販売を開始。
平成11年4月14日 清水ミリオンカード株式会社・清水ジェーシービーカード株式会社を設立。(現・連結子会社)
平成13年4月2日 住宅ローン関連 長期火災保険の窓口販売を開始。
平成14年1月15日 清水ミリオンカード株式会社、社名を清水カードサービス株式会社に変更。(現・連結子会社)
平成14年3月11日 清水総合保険株式会社、社名を株式会社清水地域経済研究センターに変更し、業務内容も保険代理店業務から金融・経済の調査研究業務に変更。(現・連結子会社)
平成14年10月1日 個人年金保険の窓口販売を開始。
平成15年3月3日 株式会社中部銀行からの営業の一部譲り受けを実施。
平成16年12月1日 証券仲介業務を開始。
平成17年5月6日 新勘定系システムPROBANK稼働。
平成18年4月1日 清水キャリエール株式会社の商号を清水銀キャリアップ株式会社に変更。(現・連結子会社)
平成18年12月12日 第1回無担保転換社債型新株予約権付社債(劣後特約付)を発行。
(平成19年3月末日現在、資本金86億7,050万円、国内本支店78、出張所3、連結子会社9)