鳥取銀行
本店:鳥取県鳥取市永楽温泉町171番地

【商号履歴】
株式会社鳥取銀行(1949年11月11日~)
株式会社因伯銀行(1948年12月1日~1949年11月11日)
株式会社鳥取貯蓄銀行(1921年12月15日~1948年12月1日)

【株式上場履歴】
<東証1部>2000年3月1日~
<大証1部>1998年9月1日~2011年5月29日(上場廃止申請)
<広証>1996年12月13日~2000年3月1日(取引所閉鎖)
<大証2部>1996年12月13日~1998年8月31日(1部指定)

【合併履歴】
1974年10月1日 鳥取県信用組合

【沿革】
大正10年12月15日 株式会社鳥取貯蓄銀行として設立し、本店を鳥取市に置き貯蓄銀行業務開始。
昭和23年12月1日 普通銀行に目的を変更(貯蓄銀行業務兼営)し、商号を株式会社因伯銀行に変更。
昭和24年10月1日 鳥取信用組合の営業の全部を譲り受け、同年11月11日商号を株式会社鳥取銀行に変更。
昭和48年4月20日 外国為替業務の認可を受け、外国為替に関する業務を開始。
昭和49年10月1日 鳥取県信用組合を合併。
昭和52年8月8日 第1次オンライン・システム稼動。
昭和58年4月9日 国債等公共債の窓口販売に関する証券業務の認可を受け、取扱いを開始。
昭和59年10月1日 とりぎんリース株式会社設立(現、関連会社)、リース業務開始。
昭和60年7月15日 第2次オンラインシステム稼動。
昭和61年6月1日 国債、地方債または政府保証債に係る売買業務の認可を受け、国債等公共債の売買業務を開始。
昭和63年9月1日 鳥銀ビジネスサービス設立。(現、子会社)
平成2年6月11日 株式会社とりぎんカードサービス設立(現、子会社)、クレジットカード業務開始。
平成2年6月20日 担保附社債信託業務の免許を取得し、私募債受託業務を開始。
平成2年12月17日 新本店竣工、現在地(鳥取市永楽温泉町171番地)に移転。
平成3年10月1日 日本銀行の一般代理業務開始。
平成7年7月11日 東京事務所開設。
平成8年12月13日 大阪証券取引所市場第二部及び広島証券取引所に株式上場。
平成9年6月11日 とっとりキャピタル㈱設立(現、関連会社)、ベンチャーキャピタル業務開始。
平成10年9月1日 大阪証券取引所市場第一部銘柄へ指定。
平成10年12月1日 証券投資信託の窓口販売に関する証券業務の認可を受け、取扱を開始。
平成12年3月1日 東京証券取引所市場第一部上場。
平成12年12月27日 株式会社バンク・コンピュータ・サービス設立(現、関連会社)、コンピュータ受託業務開始。
平成13年5月7日 株式会社泉州銀行との共同化システム稼動。
平成17年4月1日 証券仲介業務開始。