岩井コスモ証券
本店:大阪市中央区北浜一丁目6番10号

【商号履歴】
岩井コスモ証券株式会社(2012年5月1日~)
コスモ証券株式会社(1986年2月1日~2012年5月1日)
大阪屋證券株式会社(1943年3月~1986年2月1日)
株式会社大阪屋商店(1923年7月~1943年3月)
株式会社野村商店(1917年12月18日~1923年7月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1981年3月2日~2008年7月28日(株式会社CSKホールディングスと株式交換)
<大証1部>1981年3月2日~2008年7月28日(株式会社CSKホールディングスと株式交換)
<名証1部>1990年12月 日~2008年7月28日(株式会社CSKホールディングスと株式交換)
<東証2部>1979年5月1日~1981年3月1日(1部指定)
<大証2部>1979年5月1日~1981年3月1日(1部指定)

【合併履歴】
2012年5月1日 岩井証券株式会社
1953年8月 日 日出証券株式会社

【沿革】
当社は、明治6年初代野村徳七が両替商「野村徳七商店」を開業したことに始まります。その後、明治37年二代目野村徳七(野村信之助)がこれを継承して看板を有価証券現物問屋に改め、大正6年12月18日に株式会社に改組し、「株式会社野村商店」を設立いたしましたが、昭和5年金融恐慌に際会して同年10月野村家と資本的連繫を絶ち、当時の役員、従業員が株式の全部を保有して新発足し現在に至っております。この間の経過の概要は次のとおりであります。
大正6年12月 株式会社野村商店設立(資本金:500万円、代表者:野村實三郎、本店:大阪市東区本町2丁目40番地)
大正12年7月 商号を株式会社大阪屋商店に変更。
昭和18年3月 商号を大阪屋證券株式会社に変更。
昭和23年11月 証券取引法に基づく証券業者として登録。
昭和24年4月 大阪証券取引所の正会員となる。
昭和28年7月 東京証券取引所の正会員となる。
昭和28年8月 日出証券株式会社(資本金1,000万円)を吸収合併。
昭和33年8月 中日証券株式会社の営業全部を譲受け、名古屋証券取引所の正会員となる。
昭和33年9月 丸徳証券株式会社の営業全部を譲受け、京都証券取引所の正会員となる。
昭和35年3月 平野証券株式会社の営業全部を譲受け、福岡証券取引所の正会員となる。
昭和43年4月 証券取引法の改正に伴い総合証券業務の免許を取得するとともに、兼業業務につき承認を受ける。
昭和54年5月 当社株式を東京証券取引所、大阪証券取引所各市場第二部に上場。
昭和56年3月 当社株式を東京証券取引所、大阪証券取引所各市場第一部に上場。
昭和58年6月 公共債担保貸付業務(現有価証券担保貸付業務)の兼業承認を受ける。
昭和59年3月 譲渡性預金証書及びコマーシャル・ペーパーで外国において発行されたものの売買、売買の媒介、取次ぎ及び代理業務の兼業承認を受ける。
昭和60年5月 譲渡性預金の売買、売買の媒介、取次ぎ及び代理業務の兼業承認を受ける。
昭和61年2月 商号をコスモ証券株式会社に変更。
昭和61年3月 円建銀行引受手形の売買、売買の媒介、取次ぎ及び代理業務の兼業承認を受ける。
昭和62年11月 国内で発行されるコマーシャル・ペーパーの売買、売買の媒介、取次ぎ及び代理業務の兼業承認を受ける。
昭和62年12月 コスモカルチャー株式会社を設立(平成11年1月、コスモエンタープライズ株式会社に商号変更、現・連結子会社)
昭和63年10月 抵当証券の販売の媒介及び保管業務の兼業承認を受ける。
平成元年6月 金融先物取引、取引の媒介、取次ぎ及び代理業務の兼業承認を受ける。
平成2年12月 当社株式を名古屋証券取引所市場第一部に上場。
平成5年9月 株式会社大和銀行に対し第三者割当増資を行い、同行の子会社となる。
平成5年10月 MMF・中期国債ファンドのキャッシング業務の兼業承認を受ける。
平成7年9月 金銭の相互支払に関する取引業務の兼業承認を受ける。
平成10年1月 情報提供・コンサルタント業務の兼業承認を受ける。
平成10年12月 証券取引法の改正に伴い証券業の登録とともに、有価証券の元引受業務の認可を受ける。
平成14年10月 変額個人年金保険の取扱いを開始。
平成16年4月 株式会社りそな銀行の子会社でなくなり、株式会社CSKの関係会社となる。
平成16年9月 株式会社CSKの連結子会社となる。
平成17年7月 金融先物取引業法の改正に伴い、金融先物取引業の登録を受ける。
平成17年10月 顧客紹介業の認可を受ける。
平成18年1月 投資顧問業の登録を受ける。
平成19年6月末現在 店舗数は本店を含み33店舗である。