エヌ・ティ・ティ都市開発
本店:東京都千代田区外神田四丁目14番1号

【商号履歴】
エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(1986年1月21日~)

【株式上場履歴】
<東証1部>2004年11月4日~

【合併履歴】
1999年4月 日 エヌ・ティ・ティ東海不動産株式会社
1999年4月 日 エヌ・ティ・ティ関西建物株式会社
1999年4月 日 株式会社エヌ・ティ・ティ・クレド
1999年4月 日 エヌ・ティ・ティ九州不動産株式会社
1999年4月 日 株式会社エヌ・ティ・ティ北海道エステート
1995年2月 日 エヌ・ティ・ティ・エステート株式会社
1993年4月 日 エヌ・ティ・ティ・アクティフ株式会社
1993年4月 日 株式会社エヌ・ティ・ティ・クレイス
1988年10月 日 エヌ・ティ・ティ建物株式会社

【沿革】
当社は、昭和61年1月に日本電信電話㈱(以下、「NTT」という。)によってその保有する遊休土地の利活用を目的とする不動産会社として設立されました。設立時に同社の保有する土地・建物の現物出資を受けて、当社はその土地に新しいオフィスビル及び商業施設並びに住宅施設を建設し、主としてそれらの不動産の賃貸事業を営んでまいりました。NTTは、当社の場合と同様の目的・手法で全国の各地域に複数の不動産会社を設立しましたが、当社はこれらの会社を吸収合併しながら、資産規模を拡大してまいりました。特に平成11年4月に全国5箇所(札幌、名古屋、大阪、広島及び福岡)に設立されていた不動産会社を吸収合併したことにより、現在の規模に至っております。当社の設立にあたっては、金銭出資により会社を設立し、その後、出資予定の不動産を簿価にて譲り渡すという事後設立(いわゆる変態現物出資)の形で設立されており、設立後、NTTの保有している土地及び建物を簿価にて譲り受けております。
昭和61年1月 NTTの保有している不動産の有効活用を目的としたNTTの100%子会社として、エヌ・ティ・ティ都市開発㈱設立(資本金30億4,300万円)
昭和62年6月 第一号賃貸用物件としてアーバンネット麹町ビルが竣工
昭和63年9月 グランパークビル・タワー棟への熱供給事業を目的として、㈱ディ・エイチ・シー・東京を設立
昭和63年10月 エヌ・ティ・ティ建物㈱を吸収合併
平成2年6月 アーバンネット大手町ビルが竣工
平成3年6月 大手町ファーストスクエアビルのビル管理事業を目的として、㈱大手町ファーストスクエアを設立
平成4年2月 大手町ファーストスクエアビルⅠ期竣工
平成5年4月 エヌ・ティ・ティ・アクティフ㈱、㈱エヌ・ティ・ティ・クレイスを吸収合併
平成5年6月 NTT幕張ビルが竣工
平成7年2月 エヌ・ティ・ティ・エステート㈱を吸収合併
平成7年2月 エヌ・ティ・ティ・エステート㈱の吸収合併により、エヌ・ティ・ティ・エステート㈱の保有していた㈱ノックストゥエンティワンの株式取得
平成7年10月 東京オペラシティビルのビル管理事業を目的として、東京オペラシティビル㈱を設立
平成8年4月 グランパークビルのビル管理業務を目的として、ジーピービル管理㈱を設立
平成8年7月 東京オペラシティビル(オフィス棟)が竣工
平成8年8月 グランパークビルが竣工
平成9年5月 大手町ファーストスクエアビルⅡ期竣工
平成11年4月 エヌ・ティ・ティ東海不動産㈱、エヌ・ティ・ティ関西建物㈱、㈱エヌ・ティ・ティ・クレド、エヌ・ティ・ティ九州不動産㈱、㈱エヌ・ティ・ティ北海道エステートを吸収合併
平成12年6月 当社の不動産に係わる建築物・建築設備の設計・施工・工事監理及び管理運営事業を目的として、エヌ・ティ・ティ都市開発ビルサービス㈱を設立
平成13年11月 「秋葉原1街区及び3街区」の売払い公募への応募に向けたビークルとして鹿島建設㈱とともにユーディーエックス特定目的会社を設立
平成14年2月 「秋葉原1街区及び3街区」の売払い公募に、ダイビル㈱及び鹿島建設㈱と共同して応募し当選
平成15年8月 (秋葉原3街区)秋葉原UDXビル(仮称)着工
平成16年10月 アーバンネット札幌ビルが竣工
平成16年11月 東京証券取引所市場第一部に株式を上場
平成17年9月 アーバンネット名古屋ビルが竣工
平成18年1月 秋葉原UDXが竣工
平成18年12月 NTT都市開発西日本BS㈱を設立