※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セイノーホールディングス
本店:岐阜県大垣市田口町1番地

【商号履歴】
セイノーホールディングス株式会社
西濃運輸株式会社(1955年1月~)
西濃トラック運輸株式会社(1948年10月~1955年1月)
水都産業株式会社(1946年11月12日~1948年10月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1972年11月1日~
<名証1部>1972年9月 日~
<名証2部>1971年11月 日~1972年 月 日(1部に指定替え)

【合併履歴】
1996年4月 日 中国西濃運輸株式会社
1996年4月 日 広島食糧株式会社
1996年4月 日 西濃コスモエキスプレス株式会社

【沿革】
昭和5年2月 岐阜県益田郡萩原町において田口自動車を創業
昭和8年5月 田口自動車を大垣市に進出移転
昭和16年1月 西濃トラック運輸株式会社を設立
昭和17年3月 戦時陸運統制令により集約合同される
昭和21年11月 合同会社により分散、水都産業株式会社を創立
昭和23年10月 西濃トラック運輸株式会社に商号変更する
昭和30年1月 西濃運輸株式会社に商号変更
昭和44年9月 航空貨物の取扱業務開始
昭和46年10月 倉庫業務取扱開始
昭和46年11月 当社株式名古屋証券取引所市場第二部上場
昭和47年9月 当社株式名古屋証券取引所市場第一部上場
昭和47年11月 当社株式東京証券取引所市場第一部上場
昭和58年2月 株式会社セイノー商事設立(現・連結子会社)
昭和59年3月 株式会社セイノー情報サービス設立(現・連結子会社)
平成2年1月 VI(商標・カンガルーマークの統合)を導入
平成3年1月 マレーシアに合弁会社UNITED-SEINO TRANSPORTATION(MALAYSIA)SDN. BHD.設立(現・連結子会社)
平成4年7月 決算期を3月31日に変更
平成8年4月 グループ3社(中国西濃運輸株式会社、広島食糧株式会社及び西濃コスモエキスプレス株式会社)と合併
平成11年10月 独シェンカー社と3PL(サード・パーティー・ロジスティクス)事業で戦略的提携
平成12年1月 山九株式会社と業務提携
平成12年6月 配達サービス部門でISO9001の認証取得
平成13年1月 台湾・大榮汽車貨運社と宅配便事業で業務・技術提携
平成13年6月 アートコーポレーション株式会社と業務提携
平成13年8月 濃飛西濃運輸株式会社、東海西濃運輸株式会社及び関東西濃運輸株式会社を株式交換により完全子会社とする
平成13年10月 日本梱包運輸倉庫株式会社と業務提携
平成14年3月 総本社でISO14001の認証取得
平成14年4月 独スティネス社との合弁により西濃シェンカー株式会社を設立
平成14年10月 通関事業分割によりセイノー通関株式会社を設立
平成15年7月 引越事業分割によりセイノー引越株式会社を設立
平成16年12月 世界初の小型集配用先進安全車両導入
平成17年2月 業界初の配達予定時刻の提供サービスを開始
平成17年6月 信託型ライツ・プランを導入
平成17年10月 トヨタカローラ岐阜株式会社、岐阜日野自動車株式会社、ネッツトヨタ岐阜株式会社及びネッツトヨタセントロ岐阜株式会社を株式交換により完全子会社とする
平成17年10月 純粋持株会社体制へ移行、セイノーホールディングス株式会社へ商号変更し、輸送事業その他の営業を新設「西濃運輸株式会社」に承継する会社分割を実施
平成18年10月 北海道西濃運輸株式会社、株式会社セイノー情報サービスを株式交換により完全子会社とする
平成18年10月 日本梱包運輸倉庫株式会社との共同出資によりS&Nロジスティクス株式会社を設立