櫻島埠頭
本店:大阪市此花区梅町一丁目1番11号

【商号履歴】
櫻島埠頭株式会社(1948年2月12日~)

【株式上場履歴】
<東証2部>2013年7月16日~
<大証2部>  年 月 日~2013年7月15日(東証に統合)
<大証1部>1949年5月16日~  年 月 日(2部に指定替え)

【沿革】
昭和23年2月 戦後の集中排除令(昭和22年11月)により、旧三井物産が解体されたのに伴い同社の埠頭施設一切を継承し、櫻島埠頭株式会社を設立。本社を大阪市北区中之島の三井不動産ビル内に設置。
昭和24年5月 大阪証券取引所に上場。
昭和26年8月 港湾運送事業法の施行により一般港湾運送事業、船内荷役事業、はしけ運送事業、沿岸荷役事業の登録。
昭和30年1月 本社を大阪市此花区(現在地)に移転。
昭和30年11月 石油化学品タンクを建設し、石油化学品類の油槽所業務を開始。
昭和33年2月 東京事務所を開設し、損害保険の代理店業務を開始。
昭和37年7月 石油埠頭に重油タンクを建設し、重油類の油槽所業務を開始。
昭和39年8月 内航海運取扱業(現 貨物利用運送事業)の登録。
昭和45年3月 隣接のゼネラル物産㈱油槽所施設を買取り(現 梅町油槽所)。
昭和45年8月 大型起重機新設。
昭和48年8月 塩倉庫新設。倉庫業の許可。
昭和50年5月 塩化加里倉庫新設。(現 コークス用倉庫)
昭和51年10月 自動車運送取扱業(現 貨物利用運送事業)の登録。
昭和53年9月 石油化学品タンク更新(危険品倉庫)。
昭和56年9月 輸入石油化学品タンク新設(危険品倉庫)。
昭和59年3月 ソーダ灰倉庫新設。
昭和63年2月 東京事務所を東京都千代田区に移転、東京営業所と改称。
平成3年10月 ペイント物流倉庫新設(危険物倉庫)。
平成4年10月 低温物流倉庫新設。
平成7年10月 冷蔵倉庫新設。
平成12年9月 第2低温物流倉庫、食材加工施設新設。
平成12年9月 隣接地を大阪市より賃借。
平成13年5月 第2ソーダ灰倉庫新設。