※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

インボイス
本店:東京都港区芝四丁目1番23号

【商号履歴】
株式会社インボイス(2001年4月~)
ゼネラル通信工業株式会社(1992年12月4日~2001年4月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2004年9月1日~2011年4月30日(株式会社MBKP2が全部取得)
<東証2部>2003年9月16日~2004年8月31日(1部指定)
<店頭>2002年2月14日~2003年9月15日(東証2部に上場)

【合併履歴】
2002年9月 日 新日本通信株式会社

【沿革】
平成4年12月 第一種電気通信事業者への加入申込受付代行業務を目的として、東京都千代田区飯田橋二丁目6番6号に資本金50百万円をもって、ゼネラル通信工業株式会社を設立。
平成7年3月 米国の電話会社MTC社と合弁で、エム・ティー・シージャパン株式会社を設立し、コールバック方式による国際電話事業のサービスを開始。
平成8年6月 本社を東京都港区芝四丁目10番1号に移転。
平成8年11月 郵政省(現:総務省)に特別第二種電気通信事業者として登録。
平成9年2月 各種通信料金を一括請求するサービス「ゼネラルインボイス」の提供を開始。
平成9年6月 国際デジタル通信株式会社(現:ソフトバンクテレコム株式会社)と接続契約を締結し、ダイレクト方式による国際電話サービス「ゼネラルアクセス」の提供を開始。この際、エム・ティー・シージャパン株式会社(平成11年9月清算)から営業を譲受。
平成10年11月 電気通信事業法の改正にともない、郵政省(現:総務省)に特別第二種電気通信事業者から一般第二種電気通信事業者への変更を届出。
平成11年8月 ヤンマー農機株式会社の100%子会社で、通信料金一括請求サービス「スーパーセレクト」及び集合住宅向け電話サービス「マイテレホン」を提供する、新日本通信株式会社をLBO(レバレッジド・バイ・アウト)により買収。
平成12年4月 新日本通信株式会社において、集合住宅向けインターネット常時接続サービス「@George」の提供を開始。
平成12年7月 ケーブル・アンド・ワイヤレスIDC株式会社(現:ソフトバンクテレコム株式会社)と代理店契約を締結し、国際電話サービス「World Dial」の提供を開始。
平成12年9月 新日鉄情報通信システム株式会社から通信料金一括請求サービス事業の営業を譲受。
平成13年1月 アイ・ティー・エックス株式会社から通信料金一括請求サービス事業の営業を譲受。
平成13年4月 CSKネットワークシステムズ株式会社から通信料金一括請求サービス事業の営業を譲受。
平成13年4月 株式会社インボイスに商号変更するとともに、本社を東京都港区芝四丁目1番23号に移転。
平成13年9月 株式会社インテックから通信料金一括請求サービス事業の営業を譲受。
平成13年9月 シンジケートローン(幹事行:株式会社第一勧業銀行、他参加行4行。融資枠30億円)を組成。
平成14年2月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
平成14年7月 TIS株式会社から通信料金一括請求サービス事業の営業を譲受。
平成14年9月 連結子会社の新日本通信株式会社を吸収合併。
平成14年9月 コミットメントライン(幹事行:株式会社みずほ銀行、他参加行7行。融資枠45億円)を組成。
平成15年9月 コミットメントライン(幹事行:株式会社みずほ銀行、他参加行4行。融資枠20億円)を組成。
平成15年9月 東京証券取引所市場第二部に上場。
平成16年2月 キヤノングループのファストネット株式会社(現:キヤノンネットワークコミュニケーションズ株式会社)がテレコム事業部門を分社化し設立した株式会社インボイスJr.の株式を取得(現:連結子会社)。
平成16年2月 株式会社田中通商から通信料金一括請求サービス事業の営業を譲受。
平成16年9月 東京証券取引所市場第一部に指定替え。
平成16年12月 株式会社ダーウィンの株式を取得(現:連結子会社)。
平成17年9月 日本テレコムインボイス株式会社の株式を取得(現:連結子会社)。
平成18年12月 株式会社ダイナシティの株式を取得(現:連結子会社)。