イチネンホールディングス
本店:大阪市淀川区西中島四丁目10番6号

【商号履歴】
株式会社イチネンホールディングス(2008年10月1日~)
株式会社イチネン(1969年11月~2008年10月1日)
黒田商事株式会社(1963年5月7日~1969年11月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2005年9月1日~
<大証1部>2005年9月1日~2013年7月15日(東証に統合)
<東証2部>2003年4月25日~2005年8月31日(1部指定)
<大証2部>1996年1月 日~2005年8月31日(1部指定)
<大証2部特別>1994年8月2日~1996年 月 日(2部指定)

【沿革】
昭和38年5月 大阪市西区北境川町4丁目15番地に、黒田商事株式会社(現:株式会社イチネン)を設立。エッソスタンダード石油株式会社(現:エクソンモービル有限会社)と販売代理店契約締結。
昭和40年2月 本社を大阪府河内市(現:東大阪市)大字中野5番2へ移転。
昭和44年10月 本社を大阪市港区弁天6丁目4番6号へ移転。
昭和44年11月 商号を株式会社イチネンに変更。
昭和44年12月 自動車リース業・自動車整備業・損害保険代理業を開始。
昭和48年5月 自動車リース部門強化のため、東京営業所(現:東京支店)を開設。
昭和50年8月 名古屋営業所(現:名古屋支店)を開設。
昭和51年7月 福岡営業所(現:九州支店)を開設。
昭和55年2月 自動車メンテナンスの受託業を開始。
昭和62年3月 本社を大阪市淀川区西中島4丁目10番6号へ移転。
昭和62年4月 リース満了車処分のための子会社、株式会社ユニカム(現:当社)を設立。
平成6年8月 大阪証券取引所市場第二部(特別指定銘柄)に株式を上場。
平成8年1月 大阪証券取引所市場第二部銘柄に指定。
平成9年12月 情報システム等の成長分野への取り組みと強化をはかるため、株式会社ジーベックスユニオン(現:株式会社アイ・エックス・アイ)を子会社化。
平成12年3月 ガソリンスタンド経営及び自動車整備部門を株式会社イチネン・オイル・サービス(現:株式会社カーライフ・イチネン、連結子会社)、小売自動車用品販売部門を株式会社カーライフ・イチネン(現・連結子会社)として分社設立。
平成12年4月 三洋電機クレジット株式会社と共同出資により株式会社三洋カーシステム(現・持分法適用関連会社)を設立。
平成12年6月 野村オートリース株式会社(現・連結子会社)の全株式を取得し子会社化。
平成12年10月 ユアサ商事株式会社と共同出資によりユアサオートリース株式会社(現・持分法適用関連会社)を設立。
平成12年11月 アルファオートリース株式会社(現・連結子会社)の全株式を取得し子会社化。
平成13年2月 自動車メンテナンス受託分野の強化をはかるため、サービス部を分社、子会社化し、株式会社アームズ(現・連結子会社)を設立。
平成13年9月 株式会社セレクト(現・連結子会社)の株式を取得。
平成14年3月 株式会社アイ・エックス・アイが株式会社大阪証券取引所ナスダック・ジャパン(現:ニッポン・ニューマーケット-「ヘラクレス」)市場に株式を上場。
平成14年8月 株式会社エイチ・エヌ・ティーの株式を取得し、パーキング事業を開始。
平成14年9月 株式会社アイ・エックス・アイの所有全株式を売却。(持分法適用関連会社に該当しなくなる。)
平成15年4月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
平成16年5月 株式会社コーザイの全株式を取得したことにより、同社及び同社の子会社であるサンクレオ株式会社(現:イチネンBPプラネット株式会社、連結子会社)を子会社化。
平成16年7月 株式会社イチネン・オイル・サービスと株式会社カーライフ・イチネンは、株式会社イチネン・オイル・サービスを存続会社として合併し、株式会社カーライフ・イチネン(現・連結子会社)に商号変更。
平成16年8月 株式会社エイチ・エヌ・ティーの所有全株式を売却。(持分法適用関連会社に該当しなくなる。)
平成17年9月 東京証券取引所、大阪証券取引所の市場第一部に指定。
平成17年10月 株式会社IKL(現・連結子会社)の全株式を取得し子会社化。
平成18年2月 タイホー工業株式会社(現・連結子会社)の株式を取得し子会社化。
平成18年10月 タイホー工業株式会社と株式会社コーザイは、タイホー工業株式会社を存続会社として合併し、株式会社タイホーコーザイ(現・連結子会社)に商号変更。