※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

きんえい
本店:大阪市阿倍野区阿倍野筋一丁目5番1号

【商号履歴】
株式会社きんえい(1998年12月~)
株式会社近畿映画劇場(1944年6月~)
株式会社大鉄映画劇場(1937年5月12日~1944年6月)

【株式上場履歴】
<東証2部>2013年7月16日~
<大証2部>1963年10月 日~2013年7月15日(東証に統合)
<大証1部>1949年5月16日~1963年 月 日(2部に指定替え)
<京証>  年 月 日~1951年12月29日(上場再審査)

【合併履歴】
1970年8月1日 近映興業株式会社

【沿革】
当社は、昭和12年5月に大阪鉄道株式会社社長佐竹三吾氏、阪神急行電鉄株式会社小林一三氏等の発起によって資本金1,000千円をもって株式会社大鉄映画劇場として発足し、昭和19年6月に社名を株式会社近畿映画劇場に変更し、映画興行を中心に事業を進め、昭和47年には近映アポロビル(現きんえいアポロビル)を開業して不動産賃貸部門を拡充するなど経営の多角化を図ってきた。さらに、平成10年12月にはアポロビル西隣に大阪市の阿倍野地区市街地再開発事業により建設された複合多機能ビル「あべのルシアス」の賃貸・運営管理業務を開始するとともに、同ビルに6スクリーンを新設、アポロビルの既設2スクリーンと合わせて1フロア8スクリーンで構成される大阪市内では初のシネマコンプレックス「アポロシネマ8」をオープンした。また、同時に商号を「株式会社きんえい」に変更した。
昭和12年5月 株式会社大鉄映画劇場設立 資本金 1,000千円
昭和19年6月 商号を株式会社近畿映画劇場に変更
昭和24年5月 株式を大阪証券取引所(のち、昭和38年10月市場第二部に指定替)に上場
昭和29年11月 近映会館開業(近鉄あべの橋ターミナルビル建設に伴い会館内劇場2館……昭和56年6月廃業、食堂、喫茶店等6店……昭和57年1月廃業)
昭和42年11月 阿倍野共同ビル地階に「あべの文化劇場」の営業を開始(平成10年1月廃業)
昭和43年12月 新名画ビル地階に「あべの名画座」(平成11年7月「アポロシネマ8プラス1」に名称変更)の営業を開始(平成19年9月廃業)
昭和45年8月 近映興業株式会社を合併
昭和47年7月 近映アポロビル(現きんえいアポロビル)開業[地下4階地上12階建、直営劇場、遊戯場、食堂、喫茶店、駐車場のほか賃貸店舗収容]
昭和60年4月 近畿日本鉄道株式会社より「天王寺ステーションシネマ」の営業譲受(平成13年 3月廃業)
平成10年12月 商号を「株式会社きんえい」(現社名)に変更
平成10年12月 「アポロシネマ8」(あべのルシアス4階に6スクリーン、アポロビルに2スクリーンの計8スクリーン)開業
平成10年12月 複合多機能ビル「あべのルシアス」の賃貸・運営管理業務開始