※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

三協フロンテア
本店:千葉県柏市新十余二5番地

【商号履歴】
三協フロンテア株式会社(1969年12月5日~)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1993年11月17日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【沿革】
昭和44年12月 建設用設備器材の製造・販売を目的として、千葉県柏市十余二水砂509-1(現 千葉県柏市新十余二5)に三協フロンテア株式会社(資本金5百万円)を設立。
昭和45年4月 千葉県柏市本社工場(現 開発技術部)を設置し、コンテナバスの製造・販売を開始。
昭和45年6月 東京都千代田区に東京支店を設置。
昭和46年6月 大阪府大阪市東区(現 中央区)に大阪支店を設置。
昭和46年12月 2段式立体駐車装置の製造・販売を開始。
昭和48年10月 ユニットハウス「コスモCT」の製造・販売を開始。
昭和52年5月 ユニットハウス「コスモCT」のレンタル業務を開始。
昭和55年4月 ユニットハウスの生産能力増強のため千葉県流山市に流山工場を新設、月産500棟体制を完成。
昭和55年7月 愛知県春日井市に名古屋出張所(現 名古屋支店・名古屋市中区)を設置。
昭和55年12月 関西地区の物流拠点として、兵庫県西宮市に西宮物流センター(現 三木物流センター・三木市)を新設。
昭和57年4月 神奈川県横浜市中区に横浜営業所(現 横浜支店)を設置。
昭和58年6月 宮城県仙台市に仙台営業所(現 仙台支店)を設置。
昭和59年12月 首都圏・関東地区の物流拠点として、茨城県岩井市(現 坂東市)に岩井物流センターを新設。
昭和61年10月 ユニットハウスの生産能力増強のため、茨城県岩井市(現 板東市)に岩井工場を新設、月産1,000棟体制を完成。
昭和62年6月 販売網の強化を図るため、千葉県千葉市(現 千葉支店)、兵庫県神戸市中央区、埼玉県浦和市(現 さいたま支店・さいたま市大宮区)に営業所を設置。
昭和63年6月 東北地区の物流拠点として、宮城県宮城郡利府町に利府物流センター(現在、仙台物流センターに統合)を新設。
昭和63年11月 中部・東海地区の物流拠点として愛知県小牧市に小牧物流センターを新設。
平成2年10月 ユニットハウス、立体駐車装置の生産能力増強及び営業の拡大を図るため、新潟県北蒲原郡聖籠町に新潟工場を設置。同所に新潟営業所(現 新潟市)を設置。
平成2年11月 福岡県福岡市中央区に福岡営業所(現 福岡支店・福岡市博多区)を設置。
平成3年4月 中国地区の物流拠点として、広島県佐伯郡(現 廿日市市)に広島物流センターを新設。
平成5年6月 ユニットハウス等の配送及び建方・解体工事を目的として、子会社 有限会社フロンテア流通(現 フロンテア流通株式会社)を設立。
平成5年11月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
平成7年9月 ユニットハウスの原材料等の製造・販売を目的として、中国広東省に関連会社 番禺三協豪施有限公司(現 子会社 番禺三協豪施有限公司)を設立。
平成7年11月 ユニットハウス、ユニットハウス特殊パネルの生産能力増強のために、兵庫県穴粟郡山崎町(現 宍粟市)に山崎工場を新設。
平成7年11月 東京都渋谷区に新宿営業所(現 東京支店に統合)を設置。
平成8年6月 ユニットハウス再生能力増強のために、福岡県八女郡広川町に久留米工場を新設。
平成9年5月 北海道札幌市中央区に札幌営業所(現 札幌支店)を設置。
平成9年7月 不動産売買の仲介及び土質改良プラントによる建設残土の加工を目的として、子会社 フロンテアガーデン株式会社(現 フロンテア環境システム株式会社)を設立。
平成9年11月 東北地区の物流拠点として、宮城県黒川郡大和町に仙台物流センターを新設。
平成11年9月 北海道地区の物流拠点として、北海道石狩市に石狩物流センターを新設。
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。