※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

松戸公産
本店:千葉県松戸市上本郷594番地

【商号履歴】
松戸公産株式会社(1966年5月~)
松戸競輪株式会社(1949年5月16日~1966年5月)

【株式上場履歴】
<店頭>1989年10月 日~2004年11月25日(株式会社東京ドームと株式交換)

【沿革】
昭和24年5月 松戸競輪株式会社設立。(昭和41年5月松戸公産株式会社と商号変更)
昭和25年4月 千葉県松戸市に松戸競輪場施設を新設し、千葉県及び千葉県競輪組合並びに松戸市に賃貸、また、場内に直営売店を設置し営業を開始。
昭和34年4月 松戸市に輝龍会館「大映劇場」を新設し営業を開始。
昭和34年6月 輝龍会館内に「バンビ劇場」を新設し営業を開始。
昭和44年1月 本社事務部門を松戸競輪場内より、現在地に移転。
昭和47年6月 公栄開発株式会社を当社の子会社として設立、不動産業に進出(現・連結子会社)。
昭和49年7月 松戸市所在のグランドボールを買収し、KOUSANファミリーランドと改称、ボーリング、レストランの営業を開始、現在は全館をテナントビルとして賃貸。
昭和49年7月 松戸市に、賃貸マンションを新設し営業を開始。(北松戸マンション)
昭和55年6月 松戸競輪場バックスタンド改築工事のうち第一期工事が完了。
昭和55年9月 松戸競輪場投票窓口車券発売について、FACOMトータリゼーターシステム機器を導入し全面機械化。
昭和57年2月 松戸競輪場バックスタンド改築工事のうち第二期工事が完了。
昭和62年3月 輝龍会館敷地内に劇場を新設、各館の名称を、シネマ1・2・3と変更。
昭和63年8月 松戸競輪場第3スタンド改築工事完了。
平成元年10月 社団法人日本証券業協会より店頭登録銘柄として承認され、売買を開始。
平成2年12月 株式会社東京ドームと資本(第三者割当増資)並びに業務の提携。
平成3年4月 輝建設株式会社を株式取得により子会社とし、建設事業に進出(現・連結子会社)。
平成6年6月 松戸競輪場メインスタンド改築工事完了。
平成8年4月 栄町駐車場・栄町洗車プラザを新設し営業を開始。
平成9年2月 松戸競輪場投票車券発売について、新たに「車番制発売」を導入。
平成11年5月 当社創立50周年。
平成12年3月 松戸競輪場の施行者である「千葉県競輪組合」が解散。
平成12年4月 輝龍会館を閉館。
平成12年11月 新名称「プチモール・二ツ木」リニューアルオープン。(旧 KOUSANファミリーランド)
平成13年2月 松戸競輪場に、新たに「大型映像機」を導入。
平成13年8月 「松戸公産市ヶ谷ビル」を取得。
平成14年2月 「アドホック新宿ビル」を取得。
平成14年2月 東和工建株式会社を株式取得により子会社とし、事業基盤の拡大を図る。(現・連結子会社)
平成15年1月 東日本サテライト株式会社を株式取得により子会社とし、競輪場外車券販売施設を宮城県黒川郡に設置し、平成16年3月オープンを目指し、競輪事業の拡大を図る。(現・連結子会社)
平成15年3月 千葉市花見川区幕張に事業用土地を取得。
平成16年3月 「サテライト大和」オープン。