※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トランス・コスモス
本店:東京都渋谷区渋谷三丁目25番18号

【商号履歴】
トランス・コスモス株式会社(1988年4月~)
株式会社総合ソフトウエア研究所(1985年5月~1988年4月)
株式会社インプット研究所(1978年11月30日~1985年5月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1997年9月1日~
<東証2部>1992年10月16日~1997年8月31日(1部指定)
<店頭>1989年10月31日~1992年10月15日(東証2部に上場)

【合併履歴】
1988年4月 日 トランス・コスモス株式会社

【沿革】
当社の創業は、昭和41年6月、丸栄計算センター株式会社(大阪府大阪市北区、代表取締役社長 奥田耕己、資本金1,000千円)の設立にさかのぼります。同社は、当時日本経済の安定成長と急速に拡大するコンピュータリゼーションの中で、データエントリー専門会社として設立され、その後昭和51年9月、東京に進出し、また、札幌から福岡に至る全国展開を行いながら、専門特化した情報サービスを提供する株式会社マリテツク、和歌山丸栄計算センター株式会社、ジャスネット株式会社等とグループを構成し、順調に業績を進展させてまいりました。それら丸栄計算センター株式会社を中心とするグループの歴史と業績を背景に、昭和60年6月、情報サービス産業における総合的かつ複合的サービスの提供を目的として、トランス・コスモス株式会社(東京都港区、代表取締役社長 奥田耕己、資本金300,000千円)を設立し、丸栄計算センター株式会社およびそのグループ各社を順次吸収統合しつつ、業容を拡大してまいりました。当社(トランス・コスモス株式会社、実質上の存続会社)は、昭和63年4月に株式の額面金額を変更するために、株式会社総合ソフトウエア研究所(形式上の存続会社)と合併し、現在に至っております。
昭和53年11月 東京都港区に株式会社インプット研究所を資本金5,000千円で設立。
昭和60年5月 商号を株式会社総合ソフトウエア研究所に変更。
昭和60年6月 東京都港区に資本金300,000千円で設立。(代表取締役社長 奥田 耕己)
昭和60年10月 丸栄計算センター株式会社から営業の譲受けを開始。
昭和61年10月 株式会社マリテツクおよびトランス・コスモス株式会社(旧 和歌山丸栄計算センター株式会社)を吸収合併。
昭和62年4月 ジャスネット株式会社を吸収合併。
昭和62年10月 株式会社総合ソフトウエア研究所は、新たに設立した株式会社総合ソフトウエア研究所(東京都渋谷区)に営業の全部を譲渡。
昭和62年10月 丸栄計算センター株式会社からの営業の譲受けを完了。
昭和63年3月 データエントリー専門会社のインプット・ステーション有限会社(平成元年3月テクノブーケ株式会社に組織変更)を買収。
昭和63年4月 株式の額面金額を変更するため株式会社総合ソフトウエア研究所と合併。
平成元年6月 株式会社関西丸栄計算センターを100%子会社化。
平成元年10月 株式会社関西丸栄計算センターは、テクノブーケ株式会社を吸収合併し、同時にテクノブーケ株式会社に商号変更。
平成元年10月 社団法人日本証券業協会に、株式を店頭売買銘柄として登録。
平成4年10月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
平成6年4月 米国シアトルにtranscosmos USA,Inc.(現 Transcosmos Investments & Business Development,Inc.)を設立。(現 連結子会社)
平成7年2月 中国天津市に大宇宙信息創造(中国)有限公司を設立。(現 連結子会社)
平成9年5月 米国Real Networks社、国際電信電話株式会社および株式会社エヌ・ティ・ティ・ピーシーコミュニケーションズとの合弁により、株式会社Jストリームを設立。(現 連結子会社)
平成9年9月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定。
平成9年9月 米国Double Click社、日本電信電話株式会社および株式会社エヌ・ティ・ティ・アドとの合弁により、ダブルクリック株式会社を設立。(現 連結子会社)
平成9年9月 株式会社マックインターフェイス(現 応用技術株式会社)に資本参加。(現 連結子会社)
平成11年6月 トランス・コスモスシー・アール・エム株式会社(現 トランスコスモスシー・アール・エム沖縄株式会社)設立。(現 連結子会社)
平成11年9月 ネットレイティングス株式会社に資本参加。(現 関連会社)
平成11年12月 日興證券株式会社グループ(現 株式会社日興コーディアルグループ)との合弁により、株式会社イーベンチャーズ設立。(現 連結子会社)
平成12年2月 株式会社リッスンジャパンに資本参加。(現 連結子会社)
平成12年3月 日本テレビ放送網株式会社、株式会社讀売新聞社との合弁により、株式会社フォアキャスト・コミュニケーションズを設立。(現 関連会社)
平成12年9月 株式会社アスクジーブスジャパン(現 株式会社アスクドットジェーピー)に資本参加。(現 連結子会社)
平成13年4月 ダブルクリック株式会社、ナスダック・ジャパン市場(現 大阪証券取引所ヘラクレス市場)に上場。(現 連結子会社)
平成13年5月 韓国DACOM社との合弁により、CIC Korea, Inc.を韓国に設立。(現 連結子会社)
平成13年7月 トランスコスモスシー・アール・エム札幌株式会社を設立。(現 連結子会社)
平成13年9月 株式会社Jストリーム、東京証券取引所マザーズ市場に上場。(現 連結子会社)
平成13年11月 トランスコスモスシー・アール・エム宮崎株式会社を設立。(現 連結子会社)
平成13年12月 大宇宙信息創造(中国)有限公司、ISO9001認証を取得。(現 連結子会社)〔企業向けビジネスソフトウエアの設計、開発および関連サービス〕
平成14年12月 トランスコスモスシー・アール・エム和歌山株式会社を設立。(現 連結子会社)
平成15年1月 ヘルプデスク協会 オフィシャル・トレーニングパートナー契約取得。
平成15年2月 財団法人日本情報処理開発協会認定プライバシーマーク取得。ISO9001の認証取得。[・東日本におけるCAD機械設計支援サービス、およびシステム開発・運用サービスを提供するエンジニアの管理業務・顧客要求事項に基づくソフトウエアの設計・開発、保守]
平成15年10月 本店所在地を東京都渋谷区に移転。
平成16年2月 応用技術株式会社(ジャスダック証券取引所上場会社)に資本参加。(現 連結子会社)
平成16年7月 沖縄県那覇市にマーケティングチェーンマネジメントセンター那覇壷川を開設。
平成16年8月 大阪市北区にマーケティングチェーンマネジメントセンター大阪を開設。
平成16年9月 BPS株式会社を設立。(現 連結子会社)
平成17年1月 米国CinemaNow社との合弁により、CinemaNow Japan株式会社を設立。(現 連結子会社)
平成17年2月 大宇宙信息系統(上海)有限公司を設立。(現 連結子会社)
平成17年6月 チームラボ株式会社との合弁により、チームラボビジネスディベロップメント株式会社を設立。(現 連結子会社)
平成17年7月 大宇宙営鏈創信息咨詢(上海)有限公司を設立。(現 連結子会社)
平成17年9月 米国Become社との合弁により、ビカム株式会社を設立。(現 連結子会社)
平成17年10月 株式会社デジタルゴルフに資本参加。(現 関連会社)
平成17年12月 韓国でデジタルマーケティング事業を展開している9Fruitsmedia, Inc.(現 関連会社)、
Damoim Co., Ltd.(現 S.M.Online Co.,Ltd)(現 関連会社)に資本参加。
平成18年3月 株式会社プロダクション・アイジーとの合弁によりamimo有限責任事業組合を設立。(現 連結子会社)
平成18年4月 沖縄県那覇市にマーケティングチェーンマネジメントセンター那覇を開設。
平成18年5月 株式会社デジミホに資本参加。(現 関連会社)
平成18年7月 仙台市にマーケティングチェーンマネジメントセンター仙台を開設。
平成18年10月 横浜市にマーケティングチェーンマネジメントセンター横浜を開設。
平成19年3月 韓国でオンラインゲームの開発、運営を展開しているTong Yang Online Co., Ltd.に資本参加。(現 関連会社)