※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

乃村工藝社
本店:東京都港区台場二丁目3番4号

【商号履歴】
株式会社乃村工藝社(1945年12月~)
日本軍事工藝株式会社(1942年12月9日~1945年12月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2005年2月1日~
<東証2部>1991年11月15日~2005年1月31日(1部に指定替え)
<店頭>1989年8月30日~1991年11月14日(東証2部に上場)

【沿革】
明治25年3月、香川県高松市において、乃村泰資が芝居の大道具方を業としたのが、当社の創業であります。
昭和17年12月 資本金75千円で東京都本所区(現 墨田区)に設立。(商号 日本軍事工藝株式会社)
昭和18年1月 大阪市南区に大阪出張所開設。(昭和23年6月支店登記)
昭和20年12月 株式会社乃村工藝社に商号変更。
昭和21年9月 百貨店の店内装飾、催事および新聞社、電鉄会社主催の展覧会業務を受注。
昭和26年4月 カラチ国際見本市、ハノーバー国際建築博覧会の海外展示プロジェクトを受注。
昭和29年1月 第1回日本国際見本市、第1回全日本自動車ショー(現 東京モーターショー)を受注。
昭和36年10月 奈良ドリームセンター、後楽園ゲームセンター、向ヶ丘遊園フラワーショー等大型余暇施設を受注。
昭和38年4月 日本交通科学館、東芝科学館、東京科学技術館等の科学系博物館展示施設を受注。
昭和41年10月 本社を港区芝浦に移転。
昭和45年3月 日本万国博覧会(EXPO '70)において、テーマ館、政府館ほか主要パビリオンを受注。
昭和46年3月 札幌営業所開設。(現 北海道支店)
昭和48年3月 岡山営業所開設。
昭和49年6月 福岡営業所開設。(現 九州支店)
昭和50年3月 沖縄国際海洋博覧会において、海洋文化館、水族館、アメリカ館ほか主要パビリオンを受注。
昭和53年3月 北日本事業部開設。(現 東北支店)
昭和59年1月 ㈱技研工芸社(現 ㈱ノムラ技研)の株式譲受により子会社とする。(現 連結子会社)
昭和59年9月 新木場スタジオ新設。(現 新木場オフィス)
昭和60年3月 広島営業所開設。(現 中四国支店)
昭和60年3月 つくば科学博覧会(EXPO '85)において、テーマ館、アメリカ館ほか主要パビリオンを受注。
昭和60年3月 ㈱乃村工藝社ピーオーピー広告事業部(現 ㈱ノムラコムス)を設立。(現 連結子会社)
昭和61年3月 名古屋営業所開設。(現 中部事業所)
平成元年8月 社団法人日本証券業協会に株式を店頭登録。
平成2年3月 国際花と緑の博覧会(EXPO '90)において、政府苑ほか主要パビリオンを受注。
平成2年8月 大阪事業所社屋を大阪市住之江区に移転。
平成3年11月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
平成4年4月 セビリア万国博覧会(EXPO '92)において、日本館の展示を受注。
平成5年2月 東京都江戸東京博物館の展示制作をJVの代表幹事会社として運営。
平成5年8月 大田世界博覧会(EXPO '93)において、日本館の展示を受注。
平成6年2月 ㈱ノムラサービス(現 ㈱シーズ・スリー)を設立。(現 連結子会社)
平成8年2月 ㈱ノムラデュオを設立。(現 連結子会社)
平成10年5月 リスボン国際博覧会(EXPO '98)において、日本館の展示を受注。
平成12年2月 文化施設における展示スペースの設計および施工分野における“ISO9001”の認証を取得。
平成13年2月 MCカンパニー(CCカンパニー)において、“ISO14001”の認証を取得。
平成15年1月 商環境カンパニーにおいて、“ISO14001”の認証を取得。
平成15年10月 文化環境カンパニー(CCカンパニー)において、“ISO14001”の認証を取得。
平成16年11月 乃村工藝建築装飾(北京)有限公司を設立。(現 連結子会社)
平成17年2月 東京証券取引所市場第一部に株式を上場。
平成17年2月 ㈱乃村リテールアセットマネジメントを設立。(現 連結子会社)
平成17年3月 2005年日本国際博覧会(EXPO 2005:愛知万博)において、政府館ほか主要パビリオンを受注。
平成18年8月 個人情報の保護に関する「プライバシーマーク」の認定を取得。
平成18年9月 “ISO14001”の認証範囲の拡大により、商環境・CC両カンパニーに加え、本社部門および㈱シーズ・スリーを含めた全社認証を取得。
平成18年12月 ㈱テスコを公開買付けによる株式取得により子会社とする。(現 連結子会社)
平成20年1月 本社を港区台場に移転。