※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジャパンシステム
本店:東京都渋谷区代々木一丁目22番1号

【商号履歴】
ジャパンシステム株式会社(1978年6月~)
ジャパンシステムサービス株式会社(1970年4月~1978年6月)
株式会社東京ソフトウェアサービス(1969年6月12日~1970年4月)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1988年10月4日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【沿革】
昭和44年6月 受託穿孔業務を目的として、東京都板橋区大山金井町30番地に、資本金250万円で株式会社東京ソフトウェアサービスを設立
昭和45年2月 ソフトウェア受託開発業務に進出、官庁業務を中心に受注
昭和45年2月 本店を東京都中央区に移転
昭和45年4月 ジャパンシステムサービス株式会社に商号変更
昭和47年5月 制御システム分野に進出
昭和47年5月 ミニコンピュータを導入し、ユーザー支援センターを設置
昭和47年8月 人工衛星軌道制御システムの開発を受注、科学計算分野に進出
昭和50年5月 銀行オンライン化等の大型システムを受注、汎用機分野に進出
昭和53年6月 ジャパンシステム株式会社に商号を変更
昭和54年3月 本店を東京都豊島区に移転
昭和54年11月 九州営業所(現 九州支店) 開設
昭和55年11月 大阪営業所(現 関西支店) 開設
昭和58年2月 パッケージソフトウェアの独自開発、販売を開始(地方自治体向け財務会計システム「FAST」、土木構造設計支援システム「ISDS」、病院用の細菌検査システム「BACCAS」等)
昭和60年9月 本社事務所を東京都新宿区に移転、以下昭和60年度中に札幌営業所(現 北海道支店)、名古屋営業所(現 東海支店)を開設し、全国展開を図る
昭和60年11月 パブリックコンピューター開発株式会社(資本金400万円)を吸収合併
昭和61年5月 LAN、VANなどニューメディアシステムの設計・生産に進出
昭和63年10月 当社株式を東京店頭市場に公開
昭和63年12月 通商産業大臣認定 システムインテグレータ資格取得
平成4年2月 エレクトロニック・データ・システムズ・コーポレーション(EDS)当社に資本参加
平成5年7月 本店を東京都目黒区に移転
平成5年10月 エレクトロニック・データ・システムズ・コーポレーション(EDS)株式公開買い付け(TOB)により当社株式を51.0%保有、親会社となる
平成6年7月 本店を東京都世田谷区に移転
平成6年7月 エレクトロニック・データ・システムズ・コーポレーション(EDS)第三者割当増資により当社株式を53.6%保有
平成12年3月 産業システム事業部(現 テレコムビジネスユニット)ISO9001の認証取得
平成13年4月 子会社、ジェイ・エス・エンジニアリング株式会社(資本金3,000万円)を設立
平成13年12月 本社事業所ISO14001の認証取得
平成14年3月 全ての部門でISO9001の認証取得完了
平成14年6月 東京イーストサイドオフィス(東京都江東区) 開設
平成15年12月 全ての事業拠点でISO14001の認証取得完了
平成16年11月 第一システム事業部(現 自治体ビジネスユニット)東京事業所、大阪支店(現 関西支店)、その他関連部署ISMS認証基準(Ver.2.0)取得
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成19年6月 本店を東京都渋谷区に移転
平成19年11月 全ての部門でISMS認証基準(Ver.2.0)取得完了