※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

旭情報サービス
本店:東京都千代田区丸の内一丁目7番12号

【商号履歴】
旭情報サービス株式会社(1987年8月~)
旭事務機株式会社(1962年8月7日~1987年8月)

【株式上場履歴】
<東証2部>2001年2月26日~
<店頭>1995年4月14日~2001年2月25日(東証2部に上場)

【合併履歴】
1999年10月 日 有限会社旭泉
1989年4月 日 アサヒビジネスサービス株式会社
1989年4月 日 株式会社旭事務センター
1989年4月 日 旭情報サービス株式会社
1989年4月 日 旭情報サービス株式会社
1989年4月 日 アサヒオフィスシステム株式会社
1989年4月 日 株式会社旭総本社
1989年4月 日 旭情報サービス株式会社
1989年4月 日 アサヒコンピュータサービス株式会社

【沿革】
昭和37年8月 宛名印刷機の販売、宛名カード作成、宛名印刷及びダイレクトメール代行業務を目的として、大阪市都島区に資本金50万円で旭事務機㈱〈大阪本社〉を設立。
昭和41年12月 IBM製入力機械(024型、056型)を導入し、データエントリー業務を開始。
昭和43年9月 宛名印刷機の販売、宛名カード作成、宛名印刷及びダイレクトメール代行業務を分離し、大阪市北区に㈱旭事務機タイプセンターを設立。(昭和48年3月㈱旭事務機データセンター、昭和55年11月アサヒビジネスサービス㈱に商号変更)
昭和43年9月 キーオペレーターの養成、派遣及び電算機入力用のデータカードの作成を目的として大阪市東区(現中央区)に、㈱旭事務センターを設立。
昭和43年10月 データエントリー業務の常駐取引開始。
昭和44年9月 東京都千代田区に東京支店を開設。
昭和47年3月 宮崎県延岡市に南九州支社を開設。
昭和47年8月 東京支店を独立し旭事務機㈱〈東京本社〉として設立。
昭和48年2月 名古屋市中村区に旭事務機㈱〈名古屋本社〉を設立。
昭和48年2月 東京地区における人材確保を目的として東京都千代田区に㈱アサヒデータプロセスを設立。(昭和56年6月アサヒオフィスシステム㈱に商号変更)
昭和49年7月 旭事務機㈱グループ企業間の経営計画の立案、指導育成及び新規事業進出のため大阪市東区(現中央区)に㈱旭総本社を設立。
昭和51年8月 南九州支社を独立し旭事務機㈱〈南九州本社〉として設立。
昭和52年9月 コンピューター関連機器の運用管理及びシステム開発業務の推進を目的として大阪市東区(現中央区)にアサヒコンピュータサービス㈱を設立。
昭和54年11月 本社(現大阪支社)を大阪市南区(現中央区)に移転。
昭和55年12月 漢字入力業務を開始。
昭和60年6月 システム開発業務を開始。
昭和61年7月 システム運用業務を開始。
昭和61年8月 CAD(コンピューターを利用した設計、製図)業務を開始。
昭和62年8月 旭事務機㈱〈大阪本社、東京本社、名古屋本社、南九州本社〉から旭情報サービス㈱〈大阪本社、東京本社、名古屋本社、南九州本社〉に商号を変更。
平成元年4月 旭情報サービス㈱<大阪本社>は、グループ8社を吸収合併。
平成4年3月 東日本事業本部(平成6年9月東京本部に名称変更)の事務所を移転拡充。
平成7年4月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
平成8年4月 東京本部(現本社)を東京都中央区に移転。
平成9年4月 ネットワークサービス業務を開始。
平成9年7月 技術者の育成を目的として技術センターを設置。
平成11年8月 本社を東京都中央区新川(旧東京本部)に移転。
平成11年10月 ㈲旭泉を吸収合併。
平成12年10月 大阪事業所(平成13年10月大阪支社に改組)を大阪市北区に移転。
平成13年2月 東京証券取引所市場第二部に上場。
平成13年5月 中部支社を名古屋市中区に移転。
平成14年10月 横浜営業所を横浜市西区に開設。
平成15年4月 東京支社を東京都中央区に開設し、横浜営業所を支社に昇格。
平成15年5月 「プライバシーマーク」の使用許諾事業者の認証を取得
平成16年6月 豊田オフィスを愛知県豊田市に開設。
平成19年3月 本社および東京支社を東京都千代田区に移転